SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

ポストコロナで消費やモノへの意識に変化 中古品購入・使用に抵抗感は昨対比8.4%増加/メルカリ総研

 メルカリ総合研究所は、全国のフリマアプリ利用者と非利用者、緊急事態宣言中(2020年4月〜5月)にフリマアプリ利用を始めた人、合わせて1,463名を対象に「2020年度フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査を実施した。

 今回で3度目となる同調査では、2次流通市場の興隆や新型コロナウイルス感染症拡大にともなうさまざまな経験が、消費者意識や行動にどのような変化をもたらしたかを明らかしている。

 調査結果の詳細は、次のとおり。

モノ(新品・中古品)に関する意識・行動変化

商品を購入時に重視する項目「買い物しやすい場所」昨年調査から20%増加

 フリマアプリ利用者・非利用者に、商品購入で重視することについて質問をしたところ、もっとも多い回答は、昨年調査と同じく「価格」(89.3%)だった。また、昨年調査との比較でもっとも増加した項目は「買い物しやすい場所であること」(+20.4%)、次に「接客態度」(+14.0%)、「新品であること」(+12.1%)と続いた。

中古品購入・使用への抵抗感は昨年より8.4%増加、中古品購入機会は5.5%減少

 フリマアプリ利用者・非利用者に、中古品の購入・使用への抵抗感について質問をしたところ、52.9%が中古品の購入・使用に抵抗を感じると回答。昨年調査では44.5%であったことから、約1年で中古品の購入・使用への抵抗感は8.4%増加したことがわかった。

 さらに、過去2~3年間で中古品の購入機会が増えたか質問をしたところ、32.0%が中古品の購入機会が増えたと回答。昨年調査では37.5%であったことから、約1年で中古品の購入機会は5.5%減少したことが判明した。

まだ使える不要品を「売る」 昨年調査から利用者4.2%増加、非利用者は4.0%増加

 フリマアプリ利用者に、まだ使える不要品の扱いについて質問したところ、79.8%が『まだ使える不要品は「売る」』と回答した。昨年調査では75.6%であったことから、約1年で、まだ使える不要品を「売る」意向は4.2%増加したことがわかる。

 また、フリマアプリ非利用者では、45.0%が『まだ使える不要品は「売る」』と回答。昨年調査では41.0%であったことから、約1年で、まだ使える不要品を「売る」意向は4.0%増加した。

「自分がよいと思うモノを買う」昨年から1割増 「良質なモノだけを持ちたい」昨年から8.8%増加

 フリマアプリ利用者・非利用者に、モノや消費に対する意識について質問したところ、86.0%が「他人からどう思われても自分がよいと思うモノを買いたい」と回答した。昨年調査では76.2%であったことから、約1年で「他人からどう思われても自分がよいと思うモノを買いたい」意識は9.8%増加したことがわかった。

 また、モノや消費に対する意識について質問したところ、76.4%が「良質なモノだけを持ちたい」と回答。昨年調査では67.6%であったことから、約1年で「良質なモノだけを持ちたい」意識は8.8%増加した。

緊急事態宣言中にフリマアプリ利用を始めた人の意識

緊急事態宣言中のフリマアプリ利用開始理由「不要品処分のため」「家の中の整理整頓のため」

 緊急事態宣言期間中にフリマアプリの利用を開始した人に、フリマアプリ利用開始の理由を質問したところ、もっとも多い回答は「不要品処分のため」(47.3%)、次に「家の中の整理整頓のため」(41.9%)、「掘り出し物を購入するため」(26.1%)と続いた。

フリマアプリ利用を始めた人の半数以上が「売る時のことを考えて、モノを大切に扱うように」

 緊急事態宣言中にフリマアプリの利用を開始した人に、フリマアプリ利用にともなう経験や意識変化について質問をしたところ、54.0%が「売る時のことを考えて、モノを大切に扱うようになった」と回答した。

 「売る時のことを考えて、モノを大切に扱うようになった」意識を年代別に見ると、20代から30代は61.0%、40代から60代は48.7%となり、20代から30代の方が12.3%高いことがわかる。

フリマアプリ利用を始めた人の意識変化TOPは「節約意識が高まった」

 緊急事態宣言中にフリマアプリの利用を開始した人に、フリマアプリ利用開始後の意識変化について質問をしたところ、もっとも多い回答は「節約意識が高まった」(59.8%)、次に「身の回りの売れそうなモノを探すようになった」(51.6%)、「リサイクルを意識するようになった」(51.0%)となった。

フリマアプリ利用を始めた人の8割が利用継続の意向

 緊急事態宣言中にフリマアプリの利用を開始した人に、今後のフリマアプリ利用継続意向を質問したところ、79.9%が「利用を継続したい」と回答した。

 また、「利用を継続したい」と回答した人に、具体的な利用用途を質問したところ、71.9%が「新古品の購入」で利用したい、67.8%が「中古品の販売で利用したい」と回答した。

調査概要
  • 調査時期:2020年8月12日(水)~14日(金)
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:全国、20〜69歳、男女1,463名(フリマアプリ利用者500名、フリマアプリ非利用者500名、緊急事態宣言中にフリマアプリ利用を開始した人463名)
  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/8357 2020/10/01 05:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング