記事種別

LINE Pay、決済機能に特化したユーザー向けアプリをリリース 使えるお店マップも搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/04/18 10:20

 LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE」上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」においてLINE Payの決済アプリに特化した「LINE Payアプリ」をリリースした。なお、Android対応端末にて利用可能となっており、iOSは近日中に対応予定。

 このアプリでは、LINEアプリ内で提供している「LINE Pay」の店頭決済に利用する機能のみを別アプリ化し、より簡単に立ち上げ、スムーズに決済できるようになっている。なお、LINEアプリ内にも決済機能は残るため、どちらかでも利用できる。また、かねてより要望があった使えるお店のマップも搭載する。

 LINE Payアプリの主要機能は下記のとおり。

コード支払い

30万円(税込)未満の支払いまではパスワード入力不要でコードが表示され(※)、支払い時、レジでスムーズに提示できるようになる。また、一画面でユーザー読み込み型(MPM)と提示型(CPM)の双方に対応している。加えて、決済完了を知らせるサウンドや、LINEキャラクターにもバリエーションも追加される。

※設定からアプリ起動時にパスワード認証をONにし、都度認証ありにすることも可能。

使えるお店マップ

位置情報取得を許可することで、現在地周辺のLINE Pay対応店舗をマップ上で見つけることができる。また、検索窓から入力し、行きたい場所にある対応店舗を探すことも可能。今後はキャンペーン実施有無も一目でわかるようにしていく予定。

使えるお店

これまでLINE Payホームページで提供していた使えるお店一覧をアプリ内にも搭載し、キャンペーンによる割引や還元実施中のお店やクーポンのあるお店などもワンタップで一覧表示できる。

マイクーポン

タップで有効にしてLINE Payでの支払い時にスムーズに利用できるLINE Payクーポンをまとめて表示する。保有中のクーポンを選び、スワイプして決済画面を表示することで利用できる。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2018年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5