記事種別

10代の購買に影響を与えた動画広告は、Instagramが昨年から約5倍増/ジャストシステム調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/12/26 12:10

 ジャストシステムは、「動画&動画広告 月次定点調査(2018年11月度)」の結果を発表した。なお本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象に、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」において、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用し実施された。調査結果の概要は以下の通り。

SNSに静止画より動画を投稿する10代が、昨年比で1.6倍に

SNS投稿を行っている人に、動画と静止画のどちらを投稿することが多いかを聞いたところ、「静止画よりも、動画を投稿することが多い」と答えた人は11.3%、「静止画しか投稿しない」人は35.3%であった。10代は、「動画を投稿することが多い」人の割合が20.3%で、2017年8月度調査時(12.7%)から7.6ポイント増加していた。

動画をもっともシェアしたのはYouTube、若年層ではInstagramが昨年比で増加

動画コンテンツを視聴するプラットフォームの中で、「いいね」や「シェア」をする頻度がもっとも高いのはYouTube(49.1%)、次いでInstagram(7.9%)、LINE(3.3%)であった。2017年11月度調査と比較すると、10代ではInstagramが14.1%から15.4%、20代では9.9%から12.9%に増加した。

10代の購買に影響を与えた動画広告として、「Instagram」が昨年比で大幅増

動画広告を見かけたプラットフォームの中で、もっとも購買の参考にしたのはYouTube(36.5%)、次いでLINE(5.9%)、ウェブサイト(5.7%)となった。10代は「Instagram」が2017年10月度調査では2.6%であったが、今回の調査では12.5%となり、5倍近く増加していた。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2017年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5