SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

Wovn Technologies、自社ECの海外展開支援サービスの提供を開始
アドウェイズチャイナと連携も 

 勉強会ではまず林氏が登場し、「WOVN.io」 のサービスの概要を説明。最近の傾向については、「アパレルの越境ECや、海外とやり取りを行う契約書周りのシステムなど、BtoBの案件が増えている」と補足した。案件が多い翻訳の言語について聞かれると、以下のように回答した。

「英語での翻訳を行わないケースはほとんどないですね。それ以外は、中国語の簡体字と繁体字がおよそ4割から5割くらいで、あとはタイ語、インドネシア語などのニーズも増えてきています。これはインバウンドのニーズとほぼ一致しています」

 続いて登場した上森氏は、業界ごとにみる多言語化ニーズと、アドウェイズチャイナとの業務提携について発表。同氏は冒頭、日本が観光立国を掲げたことに触れた。

勉強会で使用された資料より抜粋
勉強会で使用された資料より抜粋

「日本が観光立国を掲げた理由は、日本の観光は人気があることがわかってきたから、多くの市場が成長しきってしまったため新たな産業が必要だから、の2点です。日本は国全体として、2030年を目処に旅行者数の目標を6000万人、外国人消費額の目標を、現在の2倍となるおよそ8兆円としました。このことからも、国がこれから観光産業に力を入れていくことがわかります。

もうひとつ、最近クライアントの皆さんが口を合わせておっしゃるのが、東京で開催される2019年のラグビーワールドカップと2020年の東京オリンピックのこと。これに合わせて予算を取らなければいけない、という企業が増えてきているようです」

 先日同社は、自社ECサイトでの海外展開を支援するサービス「WOVN.io ECパッケージ」の提供開始と、広告によるECサイトへの海外ユーザー集客を強化すべく、アドウェイズの100%子会社である愛徳威広告有限公司(以下、アドウェイズチャイナ)との連携を発表した。

Wovn Technologies 株式会社 取締役CTO 上森 久之氏
Wovn Technologies 株式会社 取締役CTO 上森 久之氏

「物流、決済、サポートなどはwovnやパートナーシップ企業との協力により今までも対応ができていましたが、それ以外にも、中国からのアクセスを増やしたい、つまり集客をしたいというご相談が多かった。アドウェイズチャイナと連携することで、wovnのクライアントに集客の部分までカバーできるソリューションを提供したいと思ったのが、提携に至った経緯です」(上森氏)

 WOVN.io ECパッケージでは、既存の自社ECサイトをWOVN.ioで多言語化し、さらに物流・購入・顧客対応などの側面をパートナー企業とともに提供。

 さらに多言語化した自社ECサイトへ海外ユーザーを誘導するため、アドウェイズチャイナと提携し、多言語化から広告施策実施、分析までを一連で行うことで効果の最大化を目指す。これによりEC事業者は、海外向けECサイトを別に用意することなく、海外への販路拡大を実施することが可能となる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/5801 2018/06/21 14:21

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング