記事種別

アリババグループ、オンラインショッピングイベントの流通総額が過去最高の1,682億元に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/11/13 13:30

 アリババグループは2017年11月11日、通称「独身の日」に世界最大規模のオンラインショッピングイベント「11.11 Global Shopping Festival 2017」を中国・上海で開催し、24時間での流通総額が過去最高の1,682億元に達したことを発表。また、越境ECにおける国別の流通総額で、昨年に続き日本が1位を獲得した。

 11日0時に開始したon-lineショッピングイベント「11.11 Global Shopping Festival 2017」は、13時9分49秒に昨年の流通総額1,207億元を突破し、24時間で1,682億元の流通総額を生んだ。総発注オーダー数は8.12億回、アリペイを通じての決済取引数は14.8億回で、いずれも過去最高記録となった。

 本年の「11.11 Global Shopping Festival 2017」は過去最大規模での実施となり、参加ブランド数は昨年約10万ほどだったが、今年は14万を超えるブランドが参加した。その内、国際ブランドは昨年の約6倍となる6万ブランド参加し、スポーツ用品から生鮮食品に至るまで幅広い商品を販売。

 イベント終了後、アリババグループCEOのダニエル・チャン氏は、「11.11 Global Shopping Festival 2017」の総括として、次のように述べた。
「今年の11.11 Global Shopping Festivalのハイライトは何より、この短い24時間で、オンラインとオフラインが融合し、そして中国国内と海外が完全に繋がり、グローバルで『新小売』を実現したことです。期間中、全世界52の主要な商業圏で5千万人以上の消費者が店舗やプロモーションイベントに設置されたQRコードやサイネージ等によって、オンラインの11.11 Global Shopping Festivalに参加しています。100万を超えるブランドがオンラインとオフラインの融合に取り組み、10万近くのスマート店舗、60万の小売店舗が、立体的・全方位的に繋がり、新たな消費体験を提供しました。実際に多数のオフライン店舗で行列ができるなど、中国の小売構造に変化が起こり、新たな黄金時代に突入しています」



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2017年02月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5