記事種別

資生堂、ユニ・チャーム、ライオン、小売店の売り場づくりやデータ分析などで協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/10/03 12:00

 資生堂、ユニ・チャーム、ライオンは、店頭メンテナンス機能などの強化に向けた協業を開始する。小売店での店頭メンテナンスを行う資生堂の100%出資子会社、ジャパンリテールイノベーションの株式の一部をユニ・チャーム、ライオンに譲渡し、持ち株比率は資生堂が60%、ユニ・チャームが20%、ライオンが20%とする合弁会社へと移行する。

 今後、3社の取り扱うカテゴリーの商品陳列・店頭メンテナンス業務を順次拡大し、3社それぞれが保有する店頭・売り場に関する知見の共有を進める。この協業により、生活者との重要な接点である店頭を通じた新たな価値提案を行い、業界全体の発展に貢献することを目指す。

 主力カテゴリーの異なる3社が協業することで、効率的な店頭メンテナンス、生活者にとって魅力のあふれる売り場づくり、さらには、店頭で得られた売り場に関するデータを、商品カテゴリーを超えて分析することで、生活者のライフスタイルや購買行動、商品選択についての幅広い知見を獲得することが可能になる。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2018年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5