SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

「オムニセブン」利用者700万突破、「ニッセン」とともにEC利用者数トップ5にランクイン

 ニールセンは、スマートフォン視聴率の2016年5月データをもとに、スマートフォンからのEコマースサービスの利用状況を分析し、結果を発表した。2016年5月時点でスマートフォンからのEコマース関連サービスを利用しているユーザーは4,857万人(対前年同月比15%増)。これはスマートフォン利用者全体の伸び(14%)と同程度となっている。

 利用者数の上位5サービスを見ると、1位は「Amazon」、2位が「楽天市場」となり、両サービスともに利用者数が3000万人超。3位には1,876万人でYahoo!ショッピングがランクインした。

 4位以下のサービスは利用者数が1000万人以下となり、カタログ通販の大手「ニッセン」が4位に、5位には2015年11月にサービスを開始した「オムニ7」がランクインしている。「オムニ7」はサービス開始から半年が経過し、月間利用者数700万人超まで成長している。

 上位3サービスのアプリの利用状況を見ると、いずれも利用者数の増加が目立ち、Eコマース全体利用者数の増加率(15%)より高い伸びを示している。特にYahoo!ショッピングアプリの利用者は前年同月から3倍の増加となった。

 また、各サービスと「Amazon」「楽天市場」との重複利用状況を見ると各サービスの利用者の70%以上が併用していることが明らかになった。

 ニールセンは、「Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングによるユーザーの囲い込みが進む中、昨年11月にサービスを開始した「オムニ7」が700万人規模まで利用者を獲得している点に注目したい。セブン&アイグループは今後、グループ各社の連携を深め、各社が持つ店舗網や商品群を活用したオムニチャネル施策を強化していくことが、今後の成長にとって重要」と分析している。

【調査概要】
本調査は、ニールセンのスマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView」の2016年5月データをもとに、スマートフォンからのEコマースサービスの利用状況を分析したもの。
Nielsen Mobile NetViewは日本全国の8000名(iOS、Android各4,000名)の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を元に作成。従来のアンケート調査とは異なり、実際のユーザーのアクセス記録に基づくデータで、アプリやウェブサイトの利用時間や利用頻度などの正確な利用動向データの提供が可能。また、利用者属性情報を含むパネル調査であるため、属性別の利用状況を把握できる。

※見出しの訂正について
公開時の見出しは「スマホECトップ5にランクイン」としていましたが、正しくは「EC利用者数トップ5」です。お詫びして訂正いたします。(ECzine編集部 2016年6月28日)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/3319 2016/06/28 20:53

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング