SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzineニュース

[12/7無料視聴可]ビービット藤井氏登壇 AIを使って「今何をすべきか?」の解を導くウェビナー

 ECzineは、2023年12月7日(木)に「ECzine Day 2023 Winter」を開催する。「2024年のECトレンドを大予測~体験はより没入型に、よりパーソナルに~」をテーマに、OMOやAI活用、サプライチェーン構築といった幅広いトピックスのセッションを無料配信する予定だ。

AIでECは進化するのか? - 最新事例から読み解くAI時代におけるECのあり方

 14:30~15:00に配信するセッションには、株式会社ビービット 執行役員CCO/東アジア営業責任者の藤井保文氏とソフトウェア事業本部 マーケティングソリューション セールス&マーケティングマネジャーの生田啓氏が登壇する。

 この数年は、各社でEC事業を強化したり、EC化率が上昇したりと、ビジネスのオンライン化がより進んだのではないだろうか。そこに追い打ちをかけるように押し寄せたのが、ChatGPTの興隆によるAI活用時代だ。

 膨大なデータ処理だけでなく、クリエイティブの領域にも活路が見出されている現代のAI。個人情報活用や権利の問題から「まだ様子見」と考える企業も多いが、実践を重ねる企業との差は広がるばかりだ。安全に活用する術は果たしてあるのだろうか。また、人間の仕事とどのように棲み分けていくと良いのだろうか。

 そんな疑問を解消したい人におすすめしたいのが、本セッションだ。30分間でECにおける最新のAI活用事例と、2024年からすぐに取り組める施策を紹介する。年末の自社の成果を見ながら、来年以降の取り組み内容を精査する判断材料として、ぜひこの時間を活用してほしい。

 事前申込締切は12月6日(水)13時。1セッションからでも申し込めるほか、事前申込期間中は視聴セッションの追加・変更も可能だ。人気のセッションは定員に達し次第、申し込みを締め切る場合もある。気になるセッションは、ぜひ早めに申し込むことをおすすめする。

 現時点で公開されているセッション情報は、次のとおり。詳細は「ECzine Day 2023 Winter」イベントサイトの「タイムテーブル」から見ることができる。

ECzine Day 2023 Winter セッションのご紹介

A-1

A-2

A-4

A-6

A-8

B-1

B-2

B-4

B-5

  • セッション名:coming soon
  • 登壇者:ストライプジャパン株式会社 アカウントエグゼクティブ Lee Handong氏

B-6

B-7

B-8

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/13852 2023/11/21 12:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング