SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

ビームス、物々交換や衣料品回収を主軸とした「モノを売らないお店」を10/20~22に期間限定オープン

 ビームスは、服にまつわるサステナビリティを多角的に考え、語り、取り組みをさらに一歩進めていくことを約束する「つづく服。の日(つづく=9、ふく=29)」の制定(日本記念日協会にて認定登録)2周年を記念した取り組みとして、2023年10月20日〜10月22日の期間限定で、「JOINT AROUND the CORNER(東京都渋谷区神宮前)」にて、「モノを売らないお店」をオープンすることを発表した。

 「モノを売らないお店」は、“つづく”をテーマにモノとモノとの交換を中心に据えた店舗。さらにリユース・リサイクルを目的とした衣料品回収も実施し、つくり手・売り手・買い手・使い手それぞれの観点からモノの価値を改めて捉え直し、ライフサイクルについて考える機会を提供する。

 店頭に並ぶのは、ビームスのスタッフや「つづく服。」プロジェクトに共感したクリエイターたちがこの企画のためにセレクトした洋服をはじめとする、想い入れのあるアイテム。ユーザーは、自身もまた想い入れのあるアイテムを持参し、店内に並ぶほかのユーザーの出品物と“想いを交わす”ことで交換できる仕組みになっている。

 同企画を通して“人から人へ”とモノがつながる体験を創出し、モノの価値やライフサイクルについてファッションを愛する者同士が一緒に考え取り組む機会を提供していく。

 さらに、着られなくなった衣料品の回収に協力することで、BEAMSの経年在庫や店舗の装飾家具など、販売予定のない商品から好きなものを選んで持ち帰ることができる。ユーザーから回収した衣料品は、2022年11月18日よりビームスの一部店舗で実施しているBRING(運営: JEPLAN)の衣料品回収サービスと協力し、素材に応じてリユース・リサイクルされるとのこと。

「モノを売らないお店」ブースの紹介、出品アイテムについて

 「モノを売らないお店」では交換できるアイテムを大きくふたつに分類する。

大切にしてきた“モノとその想い”を交換する「ストーリー交換ブース」

 ビームスのスタッフや同企画に共感していただいたクリエイターが長年愛用したものや、出来事や決意のきっかけになったものなど、想い入れの深いアイテムを出品する。

 ユーザーにも想い入れのあるアイテムを持参してもらい、“想いを交わす”ことで交換できる仕組みとなっている。

素材に応じてリユース・リサイクルする「再循環ブース」

 ビームスの経年在庫や店舗の装飾家具など、商品として販売予定のないものを出品する。ユーザーには着られなくなった衣料品を持ち込んでもらい、BRINGの衣料品回収サービスに協力してもらうことで好きなものを持ち帰ることができる仕組みとなっている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/13590 2023/10/03 08:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング