SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzineニュース

ヤフー、DS.INSIGHT Trendを8月下旬に提供 急上昇トピックやトレンドの可視化分析を実現

 ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が提供する事業者向けデータソリューションサービスは、検索データなどのYahoo! JAPANのビッグデータをブラウザー上で調査・分析できるツール「DS.INSIGHT」の新機能として、急上昇トピックやトレンドを可視化分析できる「DS.INSIGHT Trend」の提供を、2023年8月下旬に開始すると発表。

「DS.INSIGHT Trend」の提供を開始

 「DS.INSIGHT」では、これまで位置情報、検索データなどを基に、生活者の興味関心を可視化する「DS.INSIGHT People」、特定エリアの生活者情報や店舗・施設の来訪者情報を可視化する「DS.INSIGHT Place」、ビッグデータからターゲットのライフスタイルや興味関心を把握し、詳細なペルソナを作成する「DS.INSIGHT Persona」の3つの機能を提供。さらに、データソリューションサービスでは、Yahoo! JAPANのビッグデータとAIを活用したヒット予測モデル「商品トレンドマップ」を構築し、活用したレポートを2022年12月に公開している。

 同レポート公開後に「商品トレンドマップ」を利用したいという反響があったことを踏まえ、同社は今回「DS.INSIGHT Trend」の提供を決断。同サービスは、検索数が上昇している、もしくは上昇しそうなトピックを可視化し、世の中で話題が大きくなる前のトレンド予測を実現する。なお、「DS.INSIGHT Trend」は、「DS.INSIGHT」の料金のみで利用可能となっている。

「DS.INSIGHT Trend」の主な機能は次のとおり。

1. トレンドマップ

 横軸に検索ボリューム、縦軸にトレンドスコアをとり、散布図形式で検索キーワードを可視化。それぞれのキーワードが4つのライフサイクル(ネクストブレイクエリア、ブレイクエリア、ポテンシャルエリア、ブームエリア)のどの位置にいるのかを確認できる機能。また、性年代の属性別、カテゴリ別、期間別(3ヵ月間または1年間)での可視化も実現している。

トレンドマップ

2. トレンドランキング

 トレンドマップの散布図のエリアごとに、キーワードランキングを表示。ランキングに表示されたキーワード別に、トレンドスコア、推定検索人数、属性割合、年代別割合などを確認できる。

トレンドランキング

3. 急上昇キーワード

 1日単位で検索ボリュームが急上昇したキーワードを表示。トレンドマップとは異なり、突発的、または勢いがあるトレンドも多く出現するため、前日話題になったトピックや変化を早期に検知したい場合に有効となる。

急上昇キーワード

4. メールレポート

 設定したカテゴリのトレンドキーワードをピックアップして週1回メールで配信。メールの受信設定をすることで、最新のトレンド情報を知ることが可能に。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/13327 2023/08/10 17:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング