SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

バロックジャパンリミテッド、公式ECに「ZETA HASHTAG」導入 消費者と商品の接触機会増へ

 EC商品検索・レビュー・ハッシュタグ・OMOソリューションを開発販売するZETAは、バロックジャパンリミテッドが運営する公式通販サイト「SHEL’TTER WEBSTORE(シェルターウェブストア)」にて、ハッシュタグ活用エンジン「ZETA HASHTAG」が導入されたことを発表した。

 「SHEL'TTER WEBSTORE」は、MOUSSYやSLY、AZUL BY MOUSSYなど合計19ブランドを展開しており、国内外問わず幅広い年齢層に対応し豊富なアイテムを取り揃えている。

 今回、同サイトにハッシュタグ活用エンジン「ZETA HASHTAG」を導入。自動生成されたハッシュタグが、商品詳細ページや各ブランドページに表示されるようになった。

 なお、同サイトではすでにEC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」を活用しており、今後「ZETA HASHTAG」との連携によるさらなる相乗効果が期待されているという。

ユーザーと商品の新たな接触機会を創出

 商品情報やUGCなどのテキストの解析によって自動生成されたハッシュタグに紐付き、ランディングページが量産される。

 ハッシュタグおよびランディングページは商品の特徴・機能性・利用シーンなどのキーワードを軸に生成されるため、グルーピングされた関連性の高い商品の集合知を見出すことができ、ユーザーと商品の新たな接触機会の創出を後押しする。

ハッシュタグを介した検索でサイト内回遊を促進

 スマートフォンアプリ版にも「ZETA HASHTAG」が実装され、ハッシュタグ化されたファッションキーワードをクリックするだけで検索できる仕様となったため、感覚的な操作で商品探しを行うことが可能に。

 キーワード軸での検索により関心の高い商品に辿りつきやすくなるほか、ページ遷移のきっかけを与えることによりサイト内回遊の促進も期待できるとのこと。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/13271 2023/08/02 06:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング