SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

首都圏ラジオキー局5社、新セールスメニューの実証実験を開始 データドリブンな運用型マス広告実現へ

 首都圏ラジオキー局5社(TBSラジオ・文化放送・ニッポン放送・TOKYO FM・J-WAVE)は、データドリブンな運用型マス広告の実現に向け、新たなラジオスポットのセールスメニュー「TRA(TargetingRadioAD)」を開発。実証実験を2023年7月25日より開始する。

TRAの構造
クリックすると拡大します

 TRAでは、放送と配信トータルのラジオ毎分聴取率を算出した「ラジオ365データ」を活用する。これにより、インプレッションベースの価格設定を導入する。プランニングでは、インターネットラジオサービス「radiko」のデータとビデオリサーチ保有データを掛け合わせて、各番組のターゲットの含有分析を実施。その上で、効果的な広告プランニングを可能にする。なお、本実験は、2024年9月末までの実施が予定されている。

TRAのサービス概要

インプレッションベースの価格設定

 放送と配信トータルのラジオ毎分聴取率を算出したラジオ365データを活用し、インプレッション単価でのバイイングが可能。インプレッションベースでの価格設定で、ターゲットの含有率の高い番組を選択して、広告枠をバイイングできる。プランニング時のインプレッション数を算出、また放送後には、実際に露出されたインプレッション結果のレポートが可能となっている。

データ分析にもとづいたプランニング

 プランニングにおいて、radikoのログデータ(聴取データ・位置情報データを統計的に加工)・調査データ(趣味趣向・生活環境など)と、ビデオリサーチ保有データを活用。番組ごとに約2,000項目からターゲット分析を実施する。設定したターゲットに効果的な広告枠の選出が可能となっている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/13240 2023/07/25 18:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング