SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzineニュース

Shopify Japanが注目新機能を発表 コンバージョン・エンゲージメント促進、B2B円滑化など

 Shopifyの日本法人 Shopify Japan株式会社は、Shopifyが「Shopify Editions Winter ‘23」にて発表した100種類以上の新製品や機能追加についての発表会を2月21日に開催した。

 「Shopify Editions Winter ‘23」では、「Built to Last」をテーマとして設定。急速にあらゆる環境やビジネス状況が変化し続ける中でも事業者が成長し続けることができる、未来を見据えたビジネス基盤構築を実現するアップデートを、次の9つのトピックスに分けて発表した。

  • コンバージョンを促進する
  • 複数のチャネルで販売する
  • グローバル展開を進める
  • B2Bで事業を拡大する
  • 顧客を発掘し、エンゲージメントを促進する
  • フルフィルメントと配送
  • ビジネスを運営する
  • Shopifyで構築
  • コンポーネントを選択

 今回の発表会では、その中でも日本国内の事業者のビジネスに関連する新機能「コンバージョンを促進する」「B2Bで事業を拡大する」「顧客を発掘し、エンゲージメントを促進する」をハイライト形式で紹介した。詳細は次のとおり。

コンバージョンを促進する

チェックアウトページを1ページに表示

 これまで3ページで構成されていたShopifyのチェックアウト画面が、2023年後半より1ページにまとめた表示に切り替わる。顧客が記入するフィールドを減らし、チェックアウト画面をシンプル化することでページのロード時間を減らし、チェックアウト時の顧客のストレスを軽減する。

チェックアウトのカスタマイズをより柔軟かつ簡易化

 Shopify Checkoutのカスタマイズを実施する事業者向けには「Checkout Editor」アプリを、開発者向けに「Checkout Extensions」アプリをそれぞれ追加。コード編集のスキルがなくても、事業者はドラッグ&ドロップのみでチェックアウトページを自社ブランドのルック&フィールへ変更したり、チェックアウトページにロイヤリティプログラムを追加したりといったことが可能となる。これらは、Shopifyの機能アップデート時に影響を及ぼさない形で反映ができる。

 また、Checkout Extensionsでは、UIコンポーネント・ライブラリやUI拡張およびブランディングAPIなどの機能を提供。開発者はカスタマイズしたチェックアウトアプリをさらに柔軟に開発できるようになる。開発したアプリはShopifyアプリストアで提供できるため、事業者は該当するアプリを活用して独自性のあるチェックアウトページの作成ができる。

モバイルコマースを強化する「Shop」アプリに新機能を追加 ※現在英語のみの対応

 2020年からグローバルで提供開始している「Shop」アプリに、次の新機能が追加された。

  • 「Shop」アプリで展開するストアのカスタマイズ:「Shop」アプリ内でブランドの存在感を高める
  • 「Shop」アプリにサインインする機能をオンラインストアに追加:コンバージョン促進と、1億人を超える「Shop」アプリユーザー獲得の機会を創出

B2Bで事業を拡大する

 Shopifyは、2022年6月のEditionsで企業間取引(B2B)コマースソリューションを発表。以来、何十種類もの機能を追加している。今回は、事業者向けに販売商品数量の条件設定や事業者と顧客の受発注のやり取りを効率化するための機能を追加。開発者向けには、卸売事業で必要となる受注書や配送指定、B2Bコマース向けのロイヤリティプログラムをカスタマイズして構築するためのAPI提供を発表している。

顧客を発掘し、エンゲージメントを促進する

 「Shopify Editions Summer '22」にてトークンゲートコマースを発表しているShopify。これまでアメリカの一部事業者のみに提供していたNFTトークンの配布機能を、日本でも提供すると発表した。また、開発者向けにはNFTのロイヤリティを高めるためのAPIやコンポーネントを提供。Shopifyのプラットフォーム上で、容易かつ迅速な次世代のロイヤリティ体験構築に貢献するとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/12429 2023/02/21 15:25

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング