SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzineニュース

テープス、New Commerce Venturesより資金調達 「TēPs」の事業開発体制を強化

 EC特化ノーコードツール「TēPs」を展開するテープスは、プレシリーズAラウンドにて、小売・流通をDX・SXするスタートアップを対象とするVCファンドの運用を行うNew Commerce Venturesが運営する、コマース領域特化型VCファンド「New Commerce Explosion投資事業」を引受先とした第三者割当増資により約5,000万円の資金調達を実施したことを発表した。

 TēPsは、APIを介してECモール・カートや受注管理システム、Googleスプレッドシート、チャットツール、CRM、データベースなど、EC事業者が日々の業務で利用するさまざまなサービスの機能を自由に組み合わせ、プログラミングの知識や経験がなくても、自社独自の業務を自動化するツールをつくることができるノーコードツール。2021年5月にサービスを開始して以来、ユーザー数は順調に増加し、2022年12月末時点で、商材・事業規模を問わず約500社に利用されている。

 TēPsは、多額な費用や時間をかけずとも、変化に合わせて常に発生する「事業者固有の業務」をECの担当者自身で解決できるように、システムやサービスの機能を細かなパーツとして分解し、それらをブロックのように組み合わせることで、プログラミングの知識がなくても、欲しいツールを自分でつくれるようになるためのサービスである。

 TēPsはこれまで、主に国内の主要なECモールに関わるバックヤード業務まわりの機能を充実させてきた。今後、より多くのカートシステムに関連する機能や、事業を成長させるためのフロント業務に関連する接続先や機能を拡充することで、よりたくさんのEC事業者に対しての価値を提供し、EC運営の必携ツールとしての価値を高めていく考え。

 今回調達した資金をもとに、ユーザビリティーの改善や接続先・機能の増加、またサービスレベルの改良を押し進め、今後より一層の事業規模の拡大を狙う。

 また、同資金調達と同時に、テープスはフィードフォースグループの子会社ではなくなり関連会社となるが、今後もフィードフォースグループが推進する企業アライアンス「App Unity」での活動をはじめとする営業面でのさまざまな連携は継続して行うとのこと。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/12252 2023/01/06 09:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング