SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

ソーシャルPLUS 、LINE連携時のリッチメニュー自動切り替え機能リリース

 ソーシャルPLUSは、同社が提供するShopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」に、LINEのID連携時にリッチメニューを自動で切り替えられる機能を追加した。これにより、Shopifyの会員情報とLINEのIDを連携したユーザーに向け、専用リッチメニューを表示するなどの施策を手軽に実施可能となった。

 さらに、Shopifyが提供する無料のワークフロー自動化アプリ「Shopify Flow」と連携し、リッチメニューを切り替えられるアップデートも実施。これにより、Shopify上の会員・購買データによるリッチメニューの切り替えも自動化できる。

 たとえば、特定の商品購入者や定期購入の契約者向けに、購入商品に合わせたリッチメニューを出し分けることで、LINE公式アカウントからのサイト訪問・購入をより効果的に促進可能となる。

LINEのID連携ユーザーへ専用リッチメニューを自動配信

対象

  • Shopify:ベーシックプランから利用可能
  • LINE連携Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」:無料プランから利用可能

 Shopifyの会員IDとLINEのID連携完了をトリガーに、専用リッチメニューの配信を自動化できる。CRM PLUS on LINEの管理画面上でリッチメニューを設定し、配信方法の選択画面で「LINEのID連携が完了したら配信」を選ぶだけで完了する。

CRM PLUS on LINE管理画面での配信設定イメージ
CRM PLUS on LINE管理画面での配信設定イメージ
リッチメニュー出しわけ例 配信するリッチメニューをタブ型にすることも可能です
リッチメニュー出しわけ例 配信するリッチメニューをタブ型にすることも可能

Shopify Flowを利用し、Shopify上の会員・購買データでリッチメニューを出しわけ

対象

  • Shopify:スタンダードプランから利用可能(Shopify Flowの利用がスタンダードプラン以上で可能なため ※2022年12月6日時点)
  • LINE連携Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」:無料プランから利用可能

 Shopify上の会員・購買データを利用し、専用リッチメニューの配信を自動化できる。たとえば、特定の商品購入者や定期購入の契約者向けに、購入商品に合わせたリッチメニューの出し分けなどが可能となる。

 利用には、CRM PLUS on LINEの管理画面上でリッチメニューを設定し、配信方法で「Shopify Flowアプリを利用して配信」を選択する。

 なお、Shopifyアプリ「CRM PLUS on LINE」では、Shopify Flowの無料構築サポートも行っている。

CRM PLUS on LINE管理画面での配信設定イメージ
CRM PLUS on LINE管理画面での配信設定イメージ
定期購入ユーザーに向けた専用リッチメニューを出しわける Shopify Flowの設定画面イメージ
定期購入ユーザーに向けた専用リッチメニューを出しわける Shopify Flowの設定画面イメージ

 「CRM PLUS on LINE」では、今後もShopifyで構築したECサイトとLINE公式アカウントの連携を促進し、マーチャントと生活者のより良いコミュニケーション実現のためのアップデートを行っていく。現時点では、閲覧履歴からのレコメンド配信機能のアップデートを予定しているとのこと。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/12110 2022/12/08 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング