SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

Sparty、D2Cブランド公式オンラインストアにリピート購入型EC向け後払い決済「atone」導入

 ネットプロテクションズは、Spartyが運営する3つのD2Cブランド公式オンラインストアにおいて、同社が提供する決済プラットフォーム「atone(アトネ)」が導入されたことを発表した。

 Spartyではすでに同社サービスの「NP後払い」を導入しており、初めてのユーザーでも容易に利用できる手軽さが決済ステップでの離脱防止につながる点や、膨大な蓄積データによる与信精度の高さが評価されていた。

 今回は決済機能のさらなる強化のため、定期購入の継続利用率の向上に貢献する決済として「atone」を追加導入した。

 会員制の後払い決済「atone」は、既存の後払い会員へのポイントやクーポンを用いた販促などを通じて、新規顧客の獲得を支援。また、「NP後払い」を利用した顧客を、ポイントプログラムをもとに「atone」へ誘導し、再購入を促進する。

 さらに、「atone」はコンビニ払いやLINE Pay、定期購入に便利な口座振替など、多様な選択肢から支払い方法を選んで、翌月にまとめ払いできるため、ユーザーの利便性向上にも寄与。これらの特徴が定期購入の継続利用率向上につながることを期待され、今回の導入に至ったという。

後払い共通インターフェースの活用

 なお、今回の追加導入では、2022年6月28日より提供を開始した、新たな「後払い共通インターフェース」を活用。この共通インターフェースでは、「atone」の仕組みを一部転用することで、「NP後払い」の与信精度と不正検知力がさらに向上し、機能アップデートも継続的に利用できる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11871 2022/10/15 06:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング