SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

リユース品利用の意識調査 リユース品の再販商品を購入したことがあるユーザーが約5割/楽天ラクマ調査

 楽天グループは、運営するフリマアプリの「楽天ラクマ」において、「リユース品(中古品)の利用」に関する意識調査をインターネットで実施した。同調査結果の詳細は、次のとおり。

リユース品の再販として売られている商品を「購入したことがある」ユーザーは約5割

 リユース品購入に関して、「以前に購入したリユース品のなかで、出品者ももともと新品ではなくリユース品として購入していて、再びフリマアプリに出品されたリユース品だったことがあるかどうか(例:「以前にフリマで中古として買いましたが、再出品します」と書かれた商品などが当てはまる)」と質問したところ、「ある」と答えたユーザーが47.8%だった。

 リユース品をさらにリユース品として購入することがもっとも多い商品カテゴリ(単一回答)については、最多が「レディースファッション」(30.1%)、次いで「エンタメ/ホビー」(24.2%)、「キッズ/ベビー/マタニティ」(13.0%)だった。

リユース品の再販商品を購入した理由 ほとんど使っておらず状態が悪化していないから」が最多回答

 「リユース品として再出品された商品を、購入した理由(複数回答)」について質問したところ、1位は「ほとんど使われておらず、状態が悪化していないから」(51.7%)、2位が「中古品の中古は、さらにお安いから」(28.2%)、3位が「中古でも価値が落ちにくいから」(20.3%)、4位以降は「使う回数が限られているので」(14.5%)、「自分も、使用後に売るつもりだから」(14.0%)という結果となった。

リユース品の再販、「状態が良ければ何ら問題ない」が9割以上

 「元々リユース品として使われた商品が、さらにリユース品として出品されることについて、どう思うか(複数回答)」について質問したところ、1位が「状態が良ければ、何ら問題ない」(90.4%)、次いで「状態が悪すぎる物は買いたくないが、きちんと写真や説明が載っていれば問題ない」(47.5%)、「自分も要らなくなったら売れるので、ありがたい」(44.8%)、「物を大切にできるのは良いことである」(38.5%)、「もっと普及すればよいと思う」(20.8%)となった。

リユース品として買った物をフリマアプリやリユースショップでさらに「出品・売却したことがある」ユーザーが5割以上

 次に、「以前に購入したリユース品が要らなくなったときに、フリマアプリやリユースショップでリユース品としてさらに売却した経験」について質問したところ、「ある」と答えたユーザーが53.8%を占めた。

リユース品を再び出品・売却したことのある商品カテゴリの最多回答は「レディースファッション

 上記質問で「ある」と答えた14,177名に、「その商品のカテゴリ(単一回答)」について質問したところ、1位が「レディースファッション」(32.2%)、2位が「エンタメ/ホビー」(22.7%)、3位が「キッズ/ベビー/マタニティ」(14.5%)、4位が「スマホ/家電/カメラ」(6.0%)、5位が「メンズファッション」(5.4%)という結果に。

 「自身が購入したリユース品を、さらに売却した理由(複数回答)」について質問したところ、もっとも多かった理由は「ほとんど使っておらず、状態が悪化していないから」(38.5%)、2位が「捨てるより、売った方がお金になるから」(37.2%)、3位が「実際の物が、思っていたイメージと異なったから」(31.6%)、4位が「サイズアウトしたから」(24.3%)という結果だった。

 カテゴリごとに売却理由を分析すると、リユース品を売却するメリットがそれぞれ異なることがわかった。「レディースファッション」カテゴリにおいては、「実際の物が、思っていたイメージと異なったから」の理由がもっとも多かったことから、買い物に失敗した際に気軽に売れることがメリットになっていると考えられる。

 「エンタメ/ホビー」カテゴリでは「捨てるより、売った方がお金になるから」の理由がもっとも多く、本やゲームを利用し終わったから売る、というフリーコメントも多く集まった。また「推しや趣味が変わったから、アイドルグッズを手放す」という回答もみられた。

 また、「キッズ/ベビー/マタニティ」カテゴリを選んだユーザーの理由は「サイズアウトしたから」が6割以上ともっとも多い結果に。使用期間が限られる子供服やマタニティ服・グッズは、自身や子供が使い終わったらほかの人に再利用してもらいたい、と考えるユーザーが多いことが判明した。

調査概要
  • 調査エリア:全国
  • 調査対象者:「楽天ラクマ」ユーザー
  • 回収サンプルサイズ:26,332サンプル
  • 調査期間:2022年7月22日(金)から7月25日(月)の4日間

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11700 2022/08/29 20:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング