SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

hey、店舗アプリ作成サービス開始 実店舗とネットショップの顧客管理を統合するOMO型店舗運営を実現

 商売のデジタル化を支援するヘイ(以下、hey)は、お店のアプリをかんたんに作成できるサービス「STORESブランドアプリ」の提供を開始したことを発表した。

 コロナ禍を経てお店のデジタル化は急速に進み、特に物販のEC市場規模は2020年以降大幅に伸長した。

 また、消費者の行動も変化し「店舗でほしいと思う商品を見つけたら、その場で買わずネットショップに商品があるか探す」「気になる店舗を見つけたら、ネットショップがあるかチェックする」など、オンラインとオフラインを行き来する購買行動は大きく広がりを見せている。

 さらに、アフターコロナに向けて実店舗への回帰が進むいま、中小事業者にとっても実店舗とネットショップの両立は急務となりつつあり、今後はスタンダードなものとなっていくことが見込まれる。

 しかし、事業者にとっては実店舗・ネットショップそれぞれの集客や、顧客・購買情報の管理に2倍の手間がかかる。

 また、実店舗・ネットショップの顧客情報の取得・統合・管理ができず、購買履歴の分析や最適な商品のレコメンドなども難しいことが大きな課題となっている。

 実店舗とネットショップを両立する事業者にとって、オンライン・オフラインを統合した「顧客の理解」と「顧客への1to1コミュニケーション」がいまもっとも必要不可欠となっているという。

 こうした事業運営の課題を受けて、heyは実店舗・ネットショップの両立における顧客管理を支援する新たなサービス「STORES ブランドアプリ」の提供開始に至った。

 同アプリはお店独自のアプリを容易に作成でき、実店舗やネットショップの顧客情報・購買情報を一括して管理することが可能。管理画面でユーザーの利用状況をしっかりと見える化・分析し、ユーザー1人ひとりに合わせたメッセージや特典を配信することで、実店舗でもデジタルでも「1to1のおもてなし」を実現する。

 同アプリで実現できることは次のとおり。

顧客管理をひとつに

 オンライン(ネットショップ)もオフライン(実店舗)も、ユーザーの来店状況や購買情報を一括管理

デジタルでも1to1のおもてなし

 管理画面でユーザーの利用状況をしっかりと見える化・分析し、「その人だけに向けた」メッセージや特典を送付

顧客接点をひとつに

 アプリを起点に、実店舗もネットショップも相互に行き来が可能に

 STORESブランドアプリの主な機能は、次のとおり。

顧客情報を一元管理

  • 実店舗とネットショップの来店・購買行動を顧客ごとに紐付け
  • アプリ上のアンケート配信で個別の好みや嗜好性も取得可能

ユーザー・顧客に配慮したCRM設計

  • 顧客最適な「1to1」のメッセージ/クーポンの自動配信
  • アプリ認証方法が豊富(ICタッチ、レシート印字、QRコードなど)

「ポイント」や「ランク」によるロイヤリティ醸成

  • ポイント付与
  • ランク制度
  • 蓄積ポイントやランクに応じたロイヤリティ提供

顧客傾向分析

  • 新規/リピーター比率や会員属性、来店周期、再来店傾向
  • 曜日/時間帯、店舗別で分析が可能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11589 2022/07/14 20:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング