SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

円安による海外販売と6月の国内買取動向、「シャネル」購入単価が1.16倍に伸長/ブランディア調査

 デファクトスタンダードが運営するブランド品買取「ブランディア」は、歴史的な円安の状況を受け、2022年3月11日を起点とした前後1ヵ月の海外販売動向の変化と、今が売り時のブランド品について発表した。

 ブランディアでは、2020年より海外販売を強化し高需要地域での販売によって利用者への買取金額に還元させる体制の構築を推進している。海外販売比率は2022年3月時点で29.3%と、前年同期比で約3倍に伸長している。

 日本で使用されたブランド品アイテムは、品質の高さや真贋への信頼性によって、海外から高い需要を得ている。円相場が一時、1ドル=116円80銭台を付け、およそ5年2ヵ月ぶりの円安水準となった2022年3月11日より歴史的な円安傾向が続いているが、海外の利用者にとっては割安となり日本発の中古ブランド品を購入しやすい状況となっている。

 そこで、同サービスの海外販売データから、3月11日を起点とした前後1ヵ月において、どのような変化があったのかを発表する。

円安前後でもっとも購入が伸びたのはルイ・ヴィトンで1.2倍に

 円安の前後ではルイ・ヴィトンがもっとも購入数が伸長し、1.2倍の伸びとなった。ルイ・ヴィトンは特に欧米圏で圧倒的な人気を誇っており、その人気が反映された結果だと考えられる。

購入単価はシャネルが伸長、1.16倍に

 円安の前後でブランド別の購入単価を比較すると、シャネルが1.16倍の伸びに。また、ルイ・ヴィトンも1割ほど購入単価が伸長している。

 これからのブランドは、安定した人気とともに、近年価格改定による商品価格の上昇が続いているため、質の良いリユースの需要が高まっていると予想される。

自宅に眠るブランド品が円安前の1.5~2倍の買取も

 円安の状況を受け、特に普遍的な人気ブランドやアイテムは買取価格も上昇している。状態やデザインにもよるが、2022年6月時点でアイテムによっては買取価格が昨年の約1.5~2倍に上昇。

 たとえば、定番人気のシャネルのマトラッセ ショルダーバッグでは今年2月に450,000円ほどだった買取価格が、668,000円まで上昇した実績もあるという。

 ルイ・ヴィトンでも、定番人気のダミエ柄の長財布が、2月時点で7,500円の買取が15,000円にアップした実績がある。

※査定額アップ例は現時点での実績価格。査定の時期や商品状態によって価格変更の可能性がある)

シャネルの査定額アップ例(2022年6月時点)
シャネルの査定額アップ例(2022年6月時点)
ルイ・ヴィトンの査定額アップ例(2022年6月時点)
ルイ・ヴィトンの査定額アップ例(2022年6月時点)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11563 2022/07/05 20:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング