SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

フューチャーショップ、「店舗受取オプション」リリース 機能カスタマイズなしで実店舗とECを連携

 フューチャーショップは、ECサイトで購入した商品を店舗で受け取ることができる仕組みを利用できる「店舗受取オプション」を、2月24日のバージョンアップで実装した。futureshopシリーズの利用者は管理画面から「店舗受取オプション」を申し込むことで、機能追加開発の必要なく利用することができる。

 同機能、いわゆるBOPIS(Buy Online, Pick-up In-Store)は、海外では2015年ころから普及。各配送先への配送費問題や、商品を買う意志はあるものの実物を見て買うかどうか決めたい、など、EC単体ではなかなか解決することができない、購入にいたる障壁を取り除き、実店舗を活用することで顧客体験を向上させ、EC利用を底上げしたものと考察される。

 しかしこれまでBOPIS導入はハードルが高いのが実情となっていた。その理由として、一般的なECプラットフォームでは機能カスタマイズが発生し、プラットフォームそのものの複雑化による影響範囲の洗い出しや、昨今のエンジニアの人手不足などの問題もあり、費用や時間など多大なコストがかかってしまう。そのため、費用対効果の検討段階で導入に踏み切れなかったり、開発体制が確保できず、提供までのスケジュールが長期化したりするなど、複合的な要因によって大手企業のみの提供に限られ、なかなか普及しないといった課題を抱えていた。

 futureshopの「店舗受取オプション」では、機能カスタマイズの必要なく、月額費用のみで利用が可能。各事業者に合わせた運用方法を検討することでBOPISを提供し、ECサイト利用者の利便性や顧客体験を向上できる。その結果、売上向上や顧客のファン化を実現するための施策強化が期待できるという。

 同機能の主な特徴は、次のとおり。

商品配送先にあらかじめ設定した各店舗が選択可能

 EC購入時、自宅または任意の住所に配送する代わりに、配送先として店舗を指定できる。その際、送料無料の設定となる。また、大型商品など、商品を個別に店舗受け取り対象外にする設定が可能となっている。

購入者は支払いをECまたは店舗どちらで行うかを設定できる

 ECでの支払い方法は、ECサイトでのオンライン決済で店舗では受け取るだけにするか、店頭でアイテムを気に入ったら支払いを行うなど、いずれも設定可能。なお、オンライン決済の場合は一部決済方法に制限があるとのこと。

店舗ごとに異なる受取場所や引き渡し方法をメールに記載できる

 店舗へ注文商品を配送するタイミングで、購入者に受取通知メールを送信。レジやカウンターなど、受取場所や購入アイテム引き渡し方法について、この受取通知メールや各店舗の詳細方法に記載することができる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11072 2022/02/28 12:20

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング