SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzineニュース

フリマアプリ「購入のみ」46%「出品&購入ともに」は44%に/「ロイヤリティ マーケティング」調べ

 ロイヤリティ マーケティングは、フリマアプリの利用実態を聴取した「フリマアプリに関する調査」(実施期間:2021年11月26日~12月3日)の結果を発表した。

 回答者のうち、フリマアプリを利用している人は44%となった。

フリマアプリを利用している人の割合

 フリマアプリの非利用者における今後の利用意向は11%に。性年代別でみると、男女ともに若年層で利用意向が高い。

フリマアプリの今後の利用意向(非利用者ベース)

 一方、利用者における継続利用意向は65%となった。

フリマアプリの今後の利用意向(利用者ベース)

 利用・非利用者で共通して、利用意向は「どちらともいえない」層が3~4割存在しており、利用者の継続利用強化および非利用者の開拓が重要と考えられる。  

 利用者における満足度は、満足(「満足」「どちらかというと満足」の合計)が50%、不満(「不満」「どちらかというと不満」の合計)が9%となり、満足している層が多い結果となった。

フリマアプリ利用者の満足度

 利用パターンで最も多いのは「購入のみ」46%、次いで「出品&購入ともに」44%、「出品のみ」10%となった。性年代で見ると男女ともに、若年層は出品、購入ともに利用しており、高年層は購入のみが多くなっている。

フリマアプリの利用パターン

 出品するものは「衣類」(51%)、「本」(41%)、「趣味関連用品」(30%)、購入するものは「衣類」(34%)、「趣味関連用品」(30%)、「本」(29%)となり、上位は同じ項目が並ぶ。一方で「スポーツ・レジャー用品」「自動車・オートバイ関連用品」は出品に対して購入の割合が高く、需要に対して供給が追いついていない可能性がある。

フリマアプリにおける出品・購入物の割合

調査概要

  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2021年11月26日~12月3日
  • パネル:「Pontaリサーチ」会員(Ponta会員で「Pontaリサーチ」の会員登録者)
  • 調査対象:20歳以上の方
  • 有効回答数:25,000名

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/10969 2022/01/31 06:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング