SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Spring

2022年3月17日(木)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年冬号(vol.19)
特集「Accelerate OMO ~人×テクノロジーでアップデートする店舗DX~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

エビラボ、「小売業向け棚監視ソリューション」開発 欠品確認や在庫管理自動化で店舗オペレーション改善へ

 EBILAB(エビラボ)は、ソニーセミコンダクタソリューションズ(以下、ソニー)と日本マイクロソフトが東京都港区芝に設立した「共同イノベーションラボ」の参画パートナーとなり、同ラボから生まれたソリューションの第1号となる「小売業向け棚監視ソリューション」を開発。2021年11月1日~2022年2月28日の期間にわたって実際の店舗内で動作検証を行っている。

「小売業向け棚監視ソリューション」動作検証の模様
「小売業向け棚監視ソリューション」動作検証の模様

 ソニーとマイクロソフトは、2020年5月より、AIカメラと映像解析を用いたソリューション構築に向けた協業を進めている。その取り組みの一環として、パートナー企業に対してAIカメラを活用したソリューション開発に関する技術トレーニングの提供を目的に、世界4ヵ所(米国、中国、ドイツ、日本)で「共同イノベーションラボ」を立ち上げた。日本では、2021年7月から港区にラボを設立し、これまでにEBILABをはじめとする5社のパートナー企業がラボに参加している。

 同ラボでは、マイクロソフトのMicrosoft Azure上で提供されているAIサービスAzure Cognitive Services(人間の認知機能をAPIとして利用可能)や、AI処理機能を搭載した、ソニーのインテリジェントビジョンセンサー「IMX500」を使ったトレーニングと技術検証を行っている。

 EBILABでは、エッジコンピューティングのできるカメラソリューションとして「ローパワー&コストフレンドリー」「低レイテンシー」「最適化された処理」といった特性を持ちながら既存製品に比べて小型で、環境に馴染みやすく、将来的にIoTが生活に入り込むために必要な要素を持ち合わせたソニーのインテリジェントビジョンセンサー「IMX500」と、Microsoft Azure 上で提供されているAzure Cognitive Services の一部である「Custom Vision」に着目。同ラボへの参画を決定した。

 今回同社が、同ラボのサポートを受けて開発したのは、AIカメラが棚に陳列された商品の欠品を確認すると、ウェアラブル端末に通知がなされ円滑な商品補充を可能にする「小売業向け棚監視ソリューション」。参画パートナーが同ラボのサポートを受けて開発した初めてのソリューションである。

 「IMX500」が棚に陳列された商品の欠品を確認すると、Microsoft Teamsと連携したウェアラブル端末に通知がなされ円滑な商品補充を可能にする。また、「IMX500」で分析したデータをMicrosoft Power BIにてビジュアライズした形で確認することができる。

ソニーのインテリジェントビジョンセンサー「IMX500」(左)
ソニーのインテリジェントビジョンセンサー「IMX500」(左)
Microsoft Power BIでビジュアライズした分析データ(イメージ)
Microsoft Power BIでビジュアライズした分析データ(イメージ)

 同社は、同ソリューションの有効性を確かめることを目的とした動作検証を、ゑびやが運営する「ゑびや商店」にて2021年11月1日~2022年2月28日の期間の期間にわたって実施している。同ソリューションを活用することで人間が感知できていなかった状況を把握し、店舗オペレーションの改善に活かす。

 棚に陳列された商品の欠品確認や在庫の管理業務を自動化することで、スタッフがおもてなしに専念できる環境を作り、より良い顧客体験の創造を図る目的。また、商品の補充や陳列を最適化し、販売機会の損失を最小化することで売上の向上も目指す。

 今後、同店舗における動作検証を通して同ソリューションの有効性が実証されたあかつきには、小売店を対象に同ソリューションの導入~運用までをサポートするパッケージプランを商品化し、販売することを目指しているとのこと。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/10888 2022/01/11 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年3月17日(木)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング