SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzine Day 2021 Autumn レポート(PR)

ウェブ接客で購入完了改善率を改善 リアル店舗同様の声かけ・案内でユーザーの“つまずき”を解消しよう

 ECサイトの成果を改善する上で有効な手段とされるウェブ接客。ユーザーの行動や心理を深く理解し、適切なコミュニケーションを取ることは、顧客満足度だけではなく成果の向上にもつながる。2021年9月3日開催の「ECzine Day 2021 Autumn」にて、ECサイトや会員登録・資料請求などの申込ページを中心に250社以上の企業を支援してきた株式会社Sprocket 代表取締役の深田浩嗣氏が、コンバージョンの最適化をテーマとした講演を実施。これまでに培った知見やノウハウを紹介した。

EC担当者とユーザーの「当たり前」の乖離 思わぬ改善ポイントも 

株式会社Sprocket 代表取締役 深田浩嗣氏
株式会社Sprocket 代表取締役 深田浩嗣氏

 ウェブ接客の役割について理解を深めるべく、深田氏はまず「接客」というアプローチの位置づけについて語った。これまで企業がユーザーへアプローチする際には、ウェブサイトに誘導するまでの活動「集客」と再来訪してもらうための「追客」が主な手法とされており、具体的にはSEO対策や広告・SNS・メルマガでの情報発信などの施策が行われていた。これらはユーザーがウェブサイトに来訪する前段階で行うものだが、ウェブ接客はユーザーがサイトに来訪した後のアプローチとなる。

「ウェブ接客は、コンバージョン率を高める施策のひとつとして位置づけることができます。コンバージョンの最適化を行う際には、『ウェブ接客=パーソナライゼーション×A/Bテスト×行動分析』と考え、ユーザーが必要としているものは何か探っていくと良いでしょう」(深田氏)

スライド

 ウェブ接客を実践するにあたっては、さまざまな手法やツールがあるものの、共通して「フリクション(=ユーザーのつまずき)に着目することが大切」だと深田氏は言う。EC担当者とユーザーの意識は、思わぬところで乖離している場合があると説明し、具体的な事例を紹介した。

「当社の顧客企業のECサイトで、ハンバーガーメニューに『ココをクリックすると商品一覧が現れますよ!』という表記を入れたところ、購入完了改善率125%を記録した事例があります。ECサイトに慣れているユーザーであれば当たり前に感じるハンバーガーメニューですが、そうではないユーザーが一定数いることを理解し、施策を講じることも必要です」(深田氏)

スライド

 深田氏は「一見意味がないように思えても、実際に行ってみると大きな効果が現れるケースは多い」と話す。こうした意外なフリクションを見つけることが、ウェブ接客を改善するきっかけとなる。

 フリクションの発見には、「なぜ生じているのか」といった理由の把握が必要だ。深田氏は、「大きくふたつの問題がある」と解説する。

「ひとつめは、コロナ禍によってECサイトの活用に不慣れな層の利用が増加し、ハンバーガーメニューのような定石の仕組みでもつまずいてしまうユーザーがいること。ふたつめは、レコメンドなどあらゆるサイトからの受動的な情報収集だけで完結してしまうがゆえに、ECサイト内で積極的に商品検索を行うといった能動的な情報収集をするユーザーが減少していることが挙げられます。後者は主にデジタルネイティブ世代で起きている問題です」(深田氏)

 こうしたフリクションを解消するには、ユーザーの行動を見て、必要に応じて的確な接客を行うことが重要だ。しかし、リアル店舗ではごく当たり前のことながらも、非対面のECサイトで実践することは難しいと感じる人もいるのではないだろうか。そこで深田氏は、ECサイトでティザー動画の自動表出やチャットを用いた声かけなどを行い、接客を実現した事例を紹介しながら次のように訴えた。

「リアル店舗でもECサイトでも、本質的な接客コミュニケーションの価値は『声かけ』『質問』『案内』によって、フリクションを解消することにあります。フリクションの存在に気づかない、気づいても解消しないユーザーが増える中では、テクノロジー活用で解決を手助けすることに価値があると考えています」(深田氏)

スライド

次のページ
フリクションの発生ポイントと対策方法 6つの事例を紹介

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECzine Day 2021 Autumn レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの製作などを経て独立。ビジネス系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9686 2021/10/20 13:11

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング