SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

季刊ECzine vol.18定点観測

新規顧客獲得の消耗戦から脱却を 分析でできるマーケティング改革とは

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。プリンシプル村松さんに、分析について聞きました。 ※本記事は、2021年9月24日刊行の『季刊ECzine vol.18』に掲載したものです。

顧客理解とマーケティング効率化 両輪でビジネスを磨けるGA4

 2020年10月にリリースされたGoogle アナリティクスの新バージョン「Googleアナリティクス 4 プロパティ(GA4)」。まもなくリリースから1年が経過するが、「現在の導入動向とGA4でできること、EC担当者がどう活用すべきかを改めてお伝えしたい」と村松さんは語る。

「プリンシプルで2021年6月にGA4に関するウェビナーを開催した際、導入済という企業は50%と約半数を記録しながらも、実際に活用し始めている・活用のイメージを掴むことができていると答えた企業はほんの数社でした。GA4やデータマーケティングに関心を持つ方でもまだ手探りというのが現状のようです。ここで改めて導入のメリットや活用方法を伝えたいと思っています」

 村松さんは活用の方向性として、次のふたつの項目を提示した。

  1. データ統合によるフルジャーニーの可視化
  2. 機械学習を活用した広告最適化

 各項目を掘り下げると、1. は「顧客の動きの全体像をとらえることができるもの」、2. は「デジタル活用によるマーケティング効率化が実現できるもの」である。つまりGoogleは現代の事業者が抱える課題や問題点に対して、GA4で解決の糸口を提示していると言える。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
フルジャーニー可視化でLTV最大化 健全なブランド運営を実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.18定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9573 2021/09/21 07:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング