SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

データ活用から見直すこれからのEC運用

ECサイト立ち上げ時に持つべきデータ活用のビジョン 注意点と差別化の秘訣を伝授

 ECサイトを活用してものを売る企業が増えるにつれ、他社と差をつけるデータ活用の重要性が増しています。当連載では、株式会社インティメート・マージャー 代表取締役社長 簗島亮次さんが、EC運用におけるデータ活用の注意点を2回に分けて解説します。第1回は、「ECサイトで収集できるデータと取得時の注意点」についてです。

 新型コロナウイルス感染症の影響により、ECサイト経由での売上比率が増加している、または新たにEC運用を開始したという企業が増えているのではないでしょうか。とくに近年、ECサイト構築ツールやECカートのサービスが充実してきたことにより、ECサイト構築のハードルが下がりつつあるのが現状です。

 しかしその一方で、プレイヤーが増え、インターネット広告を用いたECサイトへの集客や既存顧客へのメール施策、そのほかCRMなどを活用した販促施策を強化する必要性が増しています。これまでのような実店舗中心の運営では行っていなかったことが求められているのです。

 ECサイトの集客や販促は、実店舗の集客や販促と比較すると収集できるデータが多く、それらをうまく次回以降の施策やほかの施策に活かして、最適化を行うことが大きなポイントとなります。インティメート・マージャーでも、Shopifyを活用する企業に向けて集客支援サービスを提供していますが、5ヵ月で150社以上に活用いただいており、改めて集客面での課題を抱える企業の多さを感じています。そこで、当連載では2回にわたり、「ECサイト運用におけるデータ活用の現状とこれから」についてご紹介していきます。

ECサイトで収集できる2種類のデータを理解する

 ECサイトで収集可能なデータは、「ウェブ行動データ」と「購買データ」のふたつに大きく分けることができます。

 ウェブ行動データは、ECサイトの「どのページにどのようにアクセスをしたか」がわかる情報です。たとえば、「広告を経由してトップページに来た」「カートのページで10秒滞在した」といったことを読み取ることができます。

 こうしたデータは、主にインターネット広告を出稿する際に利用します。ECサイト内のどのページに訪れた人かを判断して最適な広告を出すリターゲティング広告に用いられるほか、ECサイトのカートから離脱してしまった人に対するメールでのリマインドなどに利用されるケースも存在します。

 対する購買データは、ECサイトで「どの商品がどのように購入されたか」という情報です。「Aという商品を●個買った」「累計で●●円購入した」といった、ECサイト上での購入履歴のことを指しています。

 購買データは、ウェブ行動データ以上に既存顧客向けの集客に利用されるケースが多いです。購買データは、基本的にメールアドレスや住所などの個人情報と紐づいているため、インターネット広告以上にターゲットを絞り込んで多くの情報を掲載できます。また、メールやDM配信など比較的安価な手法でコストを抑えることも可能です。

 ただし、近年はメールマガジンやDMを送付しても開封しない人、反応しない人が増えています。そういった人にも情報を届けるため、SNS広告でメールアドレスなどを使った広告出稿ができるようになるなど、購買データの利用用途も広がりつつあるのが現状です。このほかにも、顧客から聴取したアンケートデータやクーポン施策の利用履歴、ECサイト内にポイントプログラムが実装されている場合は同プログラムの利用状況なども、立派な取得データとなります。

 では、こうしたデータはいつ、どのタイミングから取り始めると良いのでしょうか。次の章でご紹介します。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
データはいつから取り始めればいい? 取得時の注意点を解説

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
データ活用から見直すこれからのEC運用連載記事一覧
この記事の著者

株式会社インティメート・マージャー 代表取締役社長 簗島亮次(ヤナシマ リョウジ)

慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科を2010年首席で卒業。 2013年、Googleのレイ・カーツワイル氏が2020年に起きると予測した「あらゆるデータがひとつに統合される」という革命を冠した株式会社インティメート・マージャーを創業し、2019年10月東証マザーズへ上場。2020年にはデー...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9047 2021/04/19 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング