記事種別

顧客情報ベースの施策展開が鍵を握る日本の定期通販 Shopify導入前に考えたい課題解決法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 全世界で100万ショップ以上が活用し、注目を集めるShopify。カナダ生まれの同ツールを日本の商慣習に適応させるために、自ら新たなサービスを開発したのはD2Cヘアケアブランド「YOU TOKYO」を展開するフロアスタンダードです。この連載では、同社がShopify専用の定期通販システム「Mikawaya」開発を通して得たShopifyで定期通販を行うノウハウや、今後の定期通販業界についてお伝えします。第2回は「決済とロジスティクス面の課題」についてです。

 こんにちは。「YOU TOKYO」というヘアケアブランドでEC事業の責任者を務めているフロアスタンダードの飯田と申します。これまで7年間、日本の単品定期通販業界で事業の立ち上げから拡大を経験してきました。今までの経験と、当社がリリースしたShopify専用定期通販システムを監修した視点から、皆様に有益な情報をお届けできればと思っておりますので、どうぞ最後までお付き合いくださいますようよろしくお願いします。

 今回は、前回の記事で代表の高松が紹介した「Shopifyとの出会い」や「定期通販導入時に生じた課題」に続き、Shopifyで定期通販を開始する際の「決済とロジスティクスにおける課題」についてお話いたします。

日本の定期通販システムと海外定期通販システムの違い

 まず、決済やロジスティックスのお話に移る前に、日本の定期通販の一般的な仕組みと海外の定期通販の違いについてご説明します。

 日本の定期通販システムの一般的な仕組みは注文が入った際に、その受注情報をマスター情報(親受注)とし初回、2回め、3回め……と定期受注(以下、子受注)情報を作成していきます。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:Shopify×定期通販の可能性を考える

2013年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5