SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

8,000万通りの組み合わせも実現!オーダーメイド特化ECシステム「GB Custom」とは

 6月1日、オーダーメイドに特化したECシステム「GB Custom」のβ版をリリース。たとえば、ペット用の首輪・リードならば、リボンの色やサイズ、金具などのパーツから8,000万通り以上の組み合わせを実現していると言う。GB Customを提供するグッドべット CEO 戸澤高広さんに話を聞いた。

オーダーメイド特化ECシステム「GB Custom」開発元に聞く

 オーダーメイドに特化したECシステム「GB Custom」(β版)を開発・提供する株式会社グッドべットは、ウェブメディア編集経験を持つCEO 戸澤高広さんと、ふたりのプログラマーで構成される会社である。2019年6月に会社を立ち上げてからは、顧客のフィードバックをもとに、改善を続けてきた。

 「会社設立から1年、システム改修を続け、このタイミングでのリリースとなりました。会社設立時は、コロナ禍でEC需要が増加するとは思ってもいませんでした。たとえば、実店舗でスーツのオーダーメイドを営む企業様などからお問い合わせをいただいています」(グッドべット CEO 戸澤高広さん)

 オーダーメイドが可能なシステムはこれまでないわけではなかった。GB Customは何が違うのか。すでに構築済みのふたつのサイトを見てみよう。

 まずは、長財布のオーダーメイドを行う「WHY」のECサイト。形は「フラップ」「ラウンド」の2タイプから選択でき、本体と馬の部分の色をそれぞれ27種類から選択できる。2×27×27で1,458種類のパターンがある計算だが、サイト上で瞬時にそれぞれの色の組み合わせが反映される。

https://only1.design/why-harness/product/why-wallet01

 次に、ペット用の首輪・リードのオーダーメイドを行う「mmsu-ha」のECサイト。こちらは、首輪本体や金具、リボンの色のほか、部品の有無・大きさも選択でき、8,000万通り以上の組み合わせ数を実現している。

https://only1.design/mmsuha/product/collar-01

 「パーツの写真を撮影し、色を変更することはデザイン処理でも可能です。パーツの撮影については当社で承ることも可能ですし、色の変更はクライアントの社内デザイナーの方が担当される場合もあります。一方で、あるパーツを追加したらこのパーツは表示する/しないといったことがオーダーメイドでは発生しますが、そういった複雑な組み合わせの実現はシステム側での処理となり、それを可能にするのがGB Customの特徴です。ECプラットフォームにも、追加のアプリケーションである程度のオーダーメイドに対応することはできますが、8,000万通りのような複雑な組み合わせは、私の知る限りでは実現できていないと思います」

 ほかにも、無垢のテーブルの板の部分を、ECサイト上でサイズを自在に変えて好みのものを選んだり、ピザの生地やトッピングを選び、瞬時にECサイト上のビジュアルに反映させていくなど、さまざまな用途が考えられるのではないかと戸澤さんは言う。

 Amazonの台頭もあり、コモディティ商材を扱うEC運営の難しさが問われて久しい。一方で、個々のユーザーのニーズにあわせたサービスを行うことは、効率を重んじる企業では難しく、ECのシステム上で魅力的に見せることも難しかった。ところが昨今、顧客と直接つながり、その声を反映して商品やサービスをアップデートし続ける、D2Cが支持を得ている。時代がより細分化されたニーズに応えるビジネスを後押ししている。

 「既製品がECにおいて価格競争に陥りがちなのは、私たちも課題として捉えていました。『うちでしか作れないよ』というものを、そのお店らしく売っていただく仕組みとしてGB Customを使っていただければという思いがあります」

 ビフォアコロナの時代には、オーダーメイド製品を手掛ける職人は、顧客に来店してもらい、実際に素材を手にとって選んだり、ニーズを聞いて提案することで、たったひとつのものを作り上げていた。理想のものを作り上げるためには、複数回の来店が必要になることもあったが、顧客もそれに応えてくれていた。オーダーメイドを可能にするECシステムは、ある意味不要だったとも言える。それがコロナ禍によって顧客の来店が難しくなり、オーダーメイド自体が不可能になったと考え、店をたたもうとしている職人も少なくないと言う。

 「複雑な組み合わせのオーダーメイドも実現するECシステムができました。まだβ版ですが、多くの方に使っていただき、フィードバックをいただければと考えています。コロナ禍でリアルでのビジネスが難しくなった方をはじめ、ぜひ多くの方に知っていただき、お気軽にお問い合わせいただければと思います」

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/7937 2020/06/16 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング