記事種別

「売れた」広告がひと目でわかる! 楽天市場内の広告効果測定ツール「アドロボ」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/07/04 11:00

売上170%も! 運営効率化ツールでライバルに差をつける

 とはいえ、ネットショップ店長にとってインターネットはあくまで商売のためのツール。気になるのは、『アドロボ』を入れてどれだけ数字につながるのか、だ。

 「ベータ版をモニター企業さまにご利用いただいているのですが、これまで出稿していた広告の費用対効果がきちんと証明されています。もちろん、なかには費用対効果がよくない広告も出てきます。その原因が広告クリエイティブにあるのか、ランディングページにあるのか、『アドロボ』で見つけ、改善し、PDCAを回していくことが重要です」

CV、CVR、CPC(クリック単価)、ROAS(費用対効果)といった指標で効果を測定する
(クリックすると図を拡大します)

 とはいえ、ITへの苦手意識などからツールへの投資を惜しみ、人力でなんとか回しているショップも少なくない。

 「当社のロボットシリーズは、『人ができないところ』と『人がやらなくてもいいところ』の2つを担当します。『人ができないところ』は、たとえば365日24時間在庫を連動するといった仕事で、人には難しい。もう1つは、『人がやらなくてもいいところ』ですが、たとえばルーチンワークをロボットに任せて、たとえば仕入れや商品開発などの仕事に注力していただくとか。当社のロボットを導入後、売上170%になったショップさんもあります。やはり、人力でなんとかしようというショップさんよりは、一歩先を見ているように感じますね」

ニーズに応えて機能を拡充 まずは間接コンバージョンから

 『アドロボ』は2014年5月にリリースしたばかりだが、問い合わせの多さからニーズは確信しているという。

 「お客様と一緒に開発していくつもりで、期待に応えていきます。まず、7月中には、間接コンバージョンも測定できるようにします。広告Aはクリックされたけれど売れなかった、後日広告Cでコンバージョンしたとしたら、広告Cだけが効果があったわけではなく、広告Aも間接的に効果があったことになります。間接効果も測れるようにしていきます」

ハングリード 吉武修平さん

 楽天市場内広告の効果測定ツール『アドロボ』は、初期費用2万5,000円(リリースキャンペーン2014年8月31日まで)、月額システム利用料(店舗単位)は1万円~(5,000クリックまで、クリック数に応じて増)という価格帯で導入できる。

 「30日間、無料でお試しいただける期間を設けています。初期設定は7~8項目を入力するだけ、数分で広告入稿が始められ、最短10分以内で効果測定が始まります。まずはぜひ、使ってみてください」

楽天市場内の効果測定ツール『アドロボ』30日間無料のお試しはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:編集部インタビュー

もっと読む

2018年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5