SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

僕がコンバージョンしてなんぼのマーケティングで成果を出せる理由

新規獲得にもCRMにも使える 売上を最大化するためのLINE活用術


 TSUTAYA、コスメのエクスボーテ、スキンケアのプロアクティブなど、異なるジャンルでデジタルマーケティングを推進してきたアクティブ合同会社CEOの藤原尚也さん。それぞれの企業で藤原さんが成果をあげることができた理由とは。どう戦略をたて、実行に移してきたのか。本連載では、デジタル、店舗、テレビCMなどに精通する藤原さんにその秘訣を伺います。今回のケーススタディは「LINE」です。

LINEは、集客もCRMも実現可。フェーズに合った方法で利用を

――今回は、「LINEをどう活用していくべきか」というところからお伺いできればと思います。まず、企業がLINEを活用すると、どのようなメリットが生じるのか教えてください。

LINEは他のSNSと違った特徴を持っています。大きくふたつに分けることができますが、まずひとつめはメディアとしての力が大きく集客力があるという点です。新しい顧客を増やす際の手法として、テレビCM・雑誌広告などを思い浮かべる人もいると思いますが、マスメディアはお金がかかります。そして、広告を見た人がみんなウェブサイトに来て商品を買ったり、サービスを利用したりしてくれるかと言ったら、必ずしもうまくいくとは限りません。僕たちが理想としているのは、デジタルの世界で大量に集客できるメディアがあること。現時点でそれを一番理想に近い形で実現できているのが、LINEなのです。

そしてLINEには、顧客を獲得するだけでなくCRMも可能なメディアであるという特徴があります。顧客獲得後もずっとコミュニケーションを取ることができる、新規獲得とCRM両方の要素を兼ね備えたメディアは珍しいですよね。

デジタルの世界のなかでシームレスに集客ができるという点で、LINEはマスメディアにない利点を持っています。しかし、既存のウェブメディアと比べるとLINEはコストがかかる施策。たとえばスタンプを作って配布する場合、数千万円の費用がかかります。ひとつの施策で数千万円出ていくとなると、企業としては結構大きな取り組みになりますよね。年間の広告予算が数億円ある企業でも、予算の大部分を使うことになりますから、メリットについて理解を得られたとしても、かける費用分の価値があるのか問われることは間違いありません。

実際にLINEでの施策を検討する際は、メリットをただアピールするよりもコストをどのように回収していくか、会社の利益にする方法をきちんと考え、説得することが重要になってくると思います。

――LINE公式スタンプの配布は、新規ユーザー(友だち)を増やすにはとても有効な施策だと思います。しかし、巨額な費用がかかるとなると導入できる企業は限られてしまいますよね。そのほかにLINEで集客を行う手段はないのでしょうか?

もちろんありますよ。全国に店舗を持っていて、お客さんと店頭でコミュニケーションができている場合は、LINE公式アカウントの情報を店頭展開して友だちを増やしていくと良いです。そうすると、巨額の費用をかけなくても、実店舗やデジタルへの送客につながるコミュニケーション手段を確立することができます。そこで一定の効果を得た後に、より友だち数を増やすためにLINE公式スタンプを配信するなど、次のステップに移るという方法もありです。そう考えると、LINEはいろいろな使いかたがあると言えますね。いきなり攻めることもできるし、徐々にアクセルを踏んでいくこともできます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
まずは既存施策の横展開から。全体最適で考えることが、売上最大化への近道

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
僕がコンバージョンしてなんぼのマーケティングで成果を出せる理由連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/6988 2019/09/27 14:49

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング