SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

僕がコンバージョンしてなんぼのマーケティングで成果を出せる理由

CX向上に欠かせないのはストーリー構築 企業・ブランドがアプリでできる「店舗体験の拡張」とは

 TSUTAYA、コスメのエクスボーテ、スキンケアのプロアクティブ、アパレルのDoCLASSE、洋服の青山など、異なるジャンルでデジタルマーケティングを推進してきたアクティブ合同会社CEOの藤原尚也さん。それぞれの企業で藤原さんが成果をあげることができた理由とは。どう戦略をたて、実行に移してきたのか。本連載では、デジタル、店舗、テレビCMなどに精通する藤原さんにその秘訣を伺います。今回のケーススタディは、「顧客体験(CX)」と「アプリ」です。

CX向上の鍵は事前のストーリー作り やりきることが支持獲得に

――藤原さんが考える「良い顧客体験(CX)」とはどのようなものでしょうか?

CX向上を考えるにあたってまず大事なポイントは、「買う前の期待」と「買った後のギャップ」をどれだけ少なくできるか。これは、きちんと事前にストーリーを作っておくことがキーとなります。TVCMなど、マス向けのアプローチを絡めたプロモーションの際には、とくにこれが重要です。

TVCMは、15秒もしくは30秒の短い時間で期待感を醸成します。それを見て店頭に行った際に、ひとめ見て「TVCMで見たあの商品だ」とわかるような売場作り(VMD)ができているでしょうか。お客さんは、TVCMで見た商品を完全に記憶しているわけではありません。どこに商品があるのか見つけられず、店員に聞かなくてはいけない状況は、大変面倒ですよね。そこでTVCMを見たときのお客さんの感動や期待感を下げてしまうのは、とてももったいないことです。

これは、自社ECサイト上でも同じことが言えます。TVCMで見て検索して自社ECサイトにたどり着いた瞬間に、欲しいと思った商品がどれかすぐにわからない。わからなくても欲しいという気持ちがあるうちはお客さん自身が妥協して探してくれますが、そうならないようにCXを設計していく必要があります。

上記のような感動や喜びから生まれる体験以外にもうひとつ、CXを考える際に必要なものがあります。それは、理屈から売れる体験です。買うときの裏づけとして、たとえば「これだけの機能性があるのにこの安さ」といった価値を提供する。こうしたふたつの体験をしっかりと売場やECサイト上で伝えることができているか。CX向上を考える際に、まずこの2点ができているかを考えてみてください。

その上で、購入した後、実際に商品を使ってもらうときの体験提供について考えていくと良いでしょう。実際に商品が「買いたい」と思った通りの期待を得られるものなのか、もしくはそれ以上なのか。この3つのステップで、お客さんの感情が期待よりも上回ることができるか。これが大きなポイントです。商品が良いだけでなく、商品に出会う入口の部分からきちんとステップ分けしてストーリを組み立て、考えていくことが重要です。コスメなどは、とくにこれが顕著と言えますね。

――3つのステップを通して期待を裏切らないために、企業・ブランドはさまざまな施策を行っていく必要があると思います。具体的にどのようなことをしたら良いかを教えてください。

とくに大事なことは、施策を単発で終わらせないようにすることです。リピート買い促進についての悩みを抱える企業・ブランドの方も多いと思いますが、継続的に「このブランドっていいよね」という気持ちを持たせるためには、データドリブンのマーケティングは必要不可欠です。それが実現できるバックエンドの設計や、お客さんとのコミュニケーションツールの導入にきちんと取り組み、お客さんにとってストレスのない体験を、購入前~購入時~購入後と通しで提供できるか。そうした環境作りをしっかりと行う必要があります。

インターネットが普及した今の時代、お客さんとの接点はさまざまあり、企業・ブランドにとってすべてを網羅することはものすごく大変な状況になっています。しかし、お客さんは自分の好きなタイミングで好きな手段を使って情報を仕入れようとしますから、こちらの都合は関係ありません。そんな状況だからこそ、きちんと組織内も連携して、キーとなるクリエイティブやメッセージを統一していく。面倒でかつ時間がかかることではありますが、それをやりきることがお客さんの期待を裏切らないこと、支持を獲得することにつながると思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
顧客とより近くでコミュニケーションできるアプリ 店舗体験拡大にも意識を

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
僕がコンバージョンしてなんぼのマーケティングで成果を出せる理由連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/7656 2020/05/07 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング