記事種別

【総合通販向けテクニック】メルマガで売上最大化!複数媒体を組み合わせて相乗効果を生むための4ヵ条

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 メルマガをどのようなタイミングで配信すればいいのか。事業の全体戦略の中でどのようにメルマガを活用するべきか。バナー広告やメルマガなど多くの広告クリエイティブの制作を手がけてきた、センドの荒木達成さんに「メルマガのメディア戦略」について伺いました。

 こんにちは。センド株式会社 クリエイティブディレクターの荒木達成です。

 私は制作会社に勤めていた経験から、バナー広告やメルマガ、ランディングページなどあらゆる広告クリエイティブの制作を手がけてきました。ネット通販部門を担当していたときは、会員向けメルマガ1通で1,000万円の売上をだしたこともあります。

 以前は、売上が上がるHTMLメルマガのクリエイティブにフォーカスしたノウハウをお届けしました。今回のコラムでは「メルマガのメディア戦略」についてお伝えします。

 広告主側としてメルマガのクリエイティブを最適化するだけでなく、どのようなタイミングで配信すればいいのかといったスケジューリング、クロスメディアでの露出拡大・相乗効果といった、全体的なプランニングの中でメルマガを最適化してきた経験をもとに、“ 売上を最大化するメルマガ配信のポイント”をご紹介します。メルマガ担当の皆さまにぜひご一読いただき、売上アップの一助となるヒントを提供できればと思います。

ポイント(1)自社商品の売れ筋を把握して乗っかれ!

 まずやるべきことは、自社商品の売れ筋と、ほかの媒体でメルマガが配信されるスケジュールの確認です。自社商品の売れ筋を把握してHTMLメルマガを配信すると、売上の相乗効果が見込めます。

 私の経験上、他メディアで宣伝を強化している商品と少しずれた特性、またはそれと親しい商品をHTMLメルマガで告知すると、売上が上がります。

 たとえば、VIERAの32型がテレビの中で売れているのであれば、それに近しい商品であるAQUOSの32型を“WEB 限定” 告知をしてHTMLメルマガのメイン商品としてメールで打ち出します。ここでは、32型液晶テレビという“サイズ”が売上アップのポイントであるため、同じブランド力を持った別商品を同価格で販売することが、売上につながるカギとなっています。

 同じ商品を売るわけではないため、他メディアとの売上とかぶりが生まれることもないので、他メディアで販売が好調なものは“ 何が理由で売れているか”の共通項を見出して、率先してHTMLメルマガでも紹介してみてください。

※この続きはECzinePress(PDF)に掲載しています。ECzinePressは会員の方のみダウンロードしていただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:[ECzine Press 2019 Summer]ECで困ったらこの1冊! メール編

2015年08月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5