記事種別

中小ECにもチャンス到来!Instagramショッピング機能でデータフィードを始めよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 話題のInstagramショッピング機能を活用するには、データフィードが必要です。データフィードのプロフェッショナルである フィードフォースの澤井さんにわかりやすく解説してもらいました。

注目のInstagramショッピング機能
始めるために知っておきたいこと

 先日、Instagramショッピング機能が日本でもリリースされ話題になりました。Instagramは若い世代を中心に根強い人気を得ており、Instagramの国内月間アクティブユーザー数(MAU)は2,000万人を超えています。今回リリースされたInstagramショッピング機能は、広告ではなく企業アカウントの通常投稿からリーチでき、かつ、自社ECサイトへ誘導できるため非常に注目されています。

 Instagramショッピング機能では、投稿に表示される商品画像に商品名・価格などの情報を表示させることができます。表示される「タグ」をタップするとInstagram内の商品詳細ページへ遷移し、さらにリンクをタップすると自社ECサイトの商品ページへ遷移します。Instagramの投稿をカタログのように活用でき、コーディネートやブランドイメージを訴求することで、ユーザーにより具体的なイメージを提示しながら購買へ誘導することができます。

Instagramショッピング機能イメージ

 Instagramショッピング機能を使うには、Instagramアカウントの開設やFacebook側での設定・承認、さらにデータフィード(Facebookではカタログと呼ばれる商品データ)が必要となります。データフィードとは、自社で保有している商品データを配信先のフォーマットに変換する仕組みのことです。投稿画像内に含まれる商品ごとにタグを設定するために、Instagramショッピング機能用のデータフィードが必要になります。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:ECホットトピックス

もっと読む

2014年08月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5