SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECホットトピックス

中小ECにもチャンス到来!Instagramショッピング機能でデータフィードを始めよう

 話題のInstagramショッピング機能を活用するには、データフィードが必要です。データフィードのプロフェッショナルである フィードフォースの澤井さんにわかりやすく解説してもらいました。

注目のInstagramショッピング機能
始めるために知っておきたいこと

 先日、Instagramショッピング機能が日本でもリリースされ話題になりました。Instagramは若い世代を中心に根強い人気を得ており、Instagramの国内月間アクティブユーザー数(MAU)は2,000万人を超えています。今回リリースされたInstagramショッピング機能は、広告ではなく企業アカウントの通常投稿からリーチでき、かつ、自社ECサイトへ誘導できるため非常に注目されています。

 Instagramショッピング機能では、投稿に表示される商品画像に商品名・価格などの情報を表示させることができます。表示される「タグ」をタップするとInstagram内の商品詳細ページへ遷移し、さらにリンクをタップすると自社ECサイトの商品ページへ遷移します。Instagramの投稿をカタログのように活用でき、コーディネートやブランドイメージを訴求することで、ユーザーにより具体的なイメージを提示しながら購買へ誘導することができます。

Instagramショッピング機能イメージ

 Instagramショッピング機能を使うには、Instagramアカウントの開設やFacebook側での設定・承認、さらにデータフィード(Facebookではカタログと呼ばれる商品データ)が必要となります。データフィードとは、自社で保有している商品データを配信先のフォーマットに変換する仕組みのことです。投稿画像内に含まれる商品ごとにタグを設定するために、Instagramショッピング機能用のデータフィードが必要になります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Instagramショッピング機能用データフィード活用のポイント

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社フィードフォース Feedmatic事業責任者 澤井和弘(サワイ カズヒロ)

2001年から2011年まで、求人メディア運営会社にて営業・営業企画・ウェブマーケティング等を担当。2012年に株式会社フィードフォースに入社。商品データ最適化サービス「DF PLUS」やオウンドメディアのソーシャル化支援サービス「ソーシャルPLUS」のマーケティングを行う。現在はダイナミック広告に特化した...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/5812 2018/06/26 07:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング