記事種別

[韓国越境EC成功物語]若い層に特化した自社ECサイトが日韓で人気「ブランガールズ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/03/23 11:00

 韓国は、全国にわたる高速インターネット網の構築や高いスマホの普及率などで小売産業のEC化が進んでいて、事業者によるEC起業が非常に活発な状況です。最近では、地理的、文化的に近い日本市場に向けて「越境EC」に取り組む事業者が増え、若年層の注目を集めるケースも増えつつあります。本コラムでは、韓国のグローバルECプラットフォーム「cafe24」を通じて開業したユニークな韓国の越境ECショップを紹介したいと思います。

若い層に特化した自社ECサイトが日韓で人気「ブランガールズ」

 10代〜20代の女性をターゲットにアパレル販売を手がける「ブランガールズ」は、国内や海外に向け活発な事業を展開しています。海外売上高の40%を占めているのは、参入5年目の日本です。

 Kポップの人気により、有名アイドルが着用するファッションに影響を受けた若年層のニーズが高まっていることが、人気の理由だとみています。それを受けブランガールズでは、キャラクターものからアイドルの空港ファッションなど、日本では珍しいスタイルを提案しています。

 ブランガールズを率いる李ユナCEOは、日本市場参入のきっかけについてこう話しています。

 「日本アパレル市場を分析したところ、ベーシックなスタイルなどの商品が多く、ティーンズ向け商品の販売店は少ないことがわかり参入を決めました。これが弊社のような韓国アパレルが日本で反響を集めている理由ではないかと思います」

 10年以上ティーンズ向けのEC運営に取り組むことで培ったノウハウやデータに基づき、ブランガールズは商品を企画してきました。中でも昨年、李CEOが企画した「トレーニングウェア」は、着心地の良さと動きやすさから日韓両方で人気を得ているヒット商品です。

 ブランガールズは、グローバルECプラットフォーム「cafe24」で開業した海外向けECサイトも韓国と同様に更新を行っていて、毎週平均100〜150種類のアイテムを掲載しています。流行に敏感な若年層のニーズに合わせた商品やコンテンツを迅速に提案することで、リピーター確保にも効果が表れています。

 また、コンビニ後払い決済や佐川急便など、ユーザーが日頃から慣れ親しんでいる仕組みを導入し、利便性向上にも力を入れています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:韓国の越境ECは、なぜ日本の若者に響くのか?魅力を徹底解説

もっと読む

2016年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5