SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

メガネスーパー川添さんが語る「自社のフェーズに合ったシステム、ECツールの導入と成果を見抜くコツ」


 ECzine編集部では、定期購読誌『季刊ECzine』のご購読者様向けにトークセミナーを開催しています。2018年1月24日には、『季刊ECzine』3号の「ECスタープレイヤー」のコーナーに登場してくださった、メガネスーパー・川添隆さんをゲストにお招きし、セミナーを開催しました。その模様をお届けします。

ECの売上が上がらないなら、『集客』の前に『チーム』を見直そう

 川添さんは、アパレルにかかわる数社を経て、2013年メガネスーパー入社、同12月にECサイトをリニューアル。リニューアル後の自社ECサイトの単月売上は前年比210%、前月比133%、そこから半年で前年比173%に売上を伸ばした実績を持つ。現在は、デジタル・コマースグループのジェネラルマネジャーとして活躍。具体的には、EC、デジタルコミュニケーション、オムニチャネル推進、全社でのデジタル活用の推進などを行っている。

 今回のトークセミナーのテーマは、「自社のフェーズに合ったシステム、ECツールの導入と成果を見抜くコツ」。本題に入る前に、ECの売上をアップするためのメソッドとして、最初に必要なのは「EC事業の組織(チーム)」だと述べた。

 「これは実店舗であろうが、ECであろうが同じで、売上が上がっていない店舗というのはチームとして機能していない。ECでこわいのは、商品登録をして、メルマガを配信して、受注が入ったら出荷するというルーチンワークになりやすいこと。受注が入れば、その次に出荷という流れが決まっている分、頭で考えなくなってしまうことがあるんです。それを防ぐために、立て直しに向けて僕が最初にやるのは、週次で会議をやって『先週の振り返りと、次週の予算と売上予測の乖離をどんな施策(工夫)で埋めていくか、さぁ、みんなで考えましょう』といった、考える機会の設定です。

 実際に考えるためのアクションの軸になるのが、『販売手法』『在庫・MD』『集客』の3つです。これが、僕流のEC売上アップの公式とも言えます。『訪問数×転換率×客単価』がセオリーですが、実はこの公式のうち、コントロールできるのは『訪問数』くらいしかないので、実際のアクションには移しづらいんです。実店舗よりもお客様に主導権があるECで、客単価は本当に上げにくいですし、転換率は割り算なので分子の『購入件数』と分母の『訪問者数』の上下で変動してしまいます。実際に僕が何をやってきたかを振り返ってみると、『販売手法』『在庫』『集客』の3つを強化してきたと気づきましたし、こちらのほうが注文数を増やすためのアクションにつなげやすいと考えています。

 この3つのうち、もっとも重要なのは『集客』だと思われるかもしれません。とくに新規に立ち上げたサイトは『集客』が必須です。でも実は、実店舗や卸のような既存の流通チャネルがあってECを始める場合は、『売れる在庫』を確保できるかどうかのほうがよっぽど影響力が大きいし、お客様が望む販促やサイトの見せかたに対応したほうが売上につながります。つまり『お店』としてきちんと機能させて、『売れるお店』をつくるほうが重要なんです。優先順位としてこのふたつが整ってから、『集客』に取り組むべきだと考えています」

ツール(1)ECパッケージの選びかた

 「自社のフェーズに合ったシステム、ECツールの導入と成果を見抜くコツ」。まず川添さんは、「よく聞かれること」としてECパッケージの選びかたを伝授してくれた。

 「よほど大きなECをつくろうとするのでない限り、まずはASPカートから始めるという選択でよいと思います。オープンソースを用いる場合は、それを用いてECを制作する制作会社の実績を確かめること。海外のオープンソースは、日本のサービスが軒並み越境ECに弱いことから、越境をやるうえでは選択肢の上に上がってくる。

 パッケージになると初期費用1,000万円以上が基準になるので、継続的なEC事業の成長やオムニチャネルの整備を視野に入れての投資になるでしょう。一方で、基本的にはパッケージはECの機能がある程度備わっています。データベースなどの基盤は出来上がっていて、ECの機能はすべて独自で開発するという、パッケージとフルスクラッチの間のようなサービスもあります。これは『運用フロー』を変えたくないとか、二次流通のように通常のパッケージでは対応できない場合に当てはまります。そして、年間売上が50億以上くらいになるとスクラッチ開発になってきます(稀に特殊な業態で小規模のスクラッチもあります)」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ツール(2)LINEはアカウント種別ごと役割が異なる

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/5401 2018/05/17 12:08

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング