記事種別

脱CSV連携!2017年は「自動化元年」に 自動化サービス「EXPRESS」のECロボに聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/07/24 08:00

 モール出店者向け自動出荷物流サービス「EXPRESS」をリリースした、ECロボ。欧米企業では、自動化が進む分野だが、日本は手作業で対応している企業も多い。テクノロジーの活用により、EC事業者の仕事を減らすことができるのか。ECロボ代表の伊藤彰弘さんに話を聞いた。

ECの完全自動化を目指す!ECロボが手掛ける3つの事業

――まずは、伊藤さんのご経歴と御社の事業内容を教えてください。

ECロボを立ち上げ、3つの事業を手掛ける伊藤彰弘さん
ECロボを立ち上げ、3つの事業を手掛ける伊藤彰弘さん

大学の工学部を卒業してトヨタ自動車に入り、生産技術部という部署で開発に携わりました。その後、大手商社に転職し、インターネット関連の新規事業などを経て独立しました。当初はアプリ開発などを行っていましたが、もう少し落ち着いてできるビジネスをと考え、物流とECの2テーマに集中した会社を立ち上げました。

現在、ECロボでは主に、3つの事業を展開しています。ひとつはECの自動化システムの提供です。「AiR LOGI(エアロジ)」というクラウド型WMSサービスを開発し、ECの物流倉庫さんやECアパレルショップ運営会社さんなどが利用しています。今年の4月には、このWMSを利用した「EXPRESS(エキスプレス)」という自動出荷サービスもリリースしました。

ふたつめは、受注センターや受注処理、コールセンターなど、ECの運営代行です。柏にコールセンターがあり、上記のシステム提供とセットで請け負っています。

3つめが越境EC代行の「AiR Trade(エアトレード)」というサービスです。なかでも、欧米企業が日本向けに行う越境ECの代行を中心に行っています。たとえば楽天市場には、グローバルパートナーとして契約した欧米企業が、ドロップシップ形式で海外から販売できる特例があります。そのプロバイダとしてのサービス提供や、Amazonジャパンに出店する際の税関事務代理といったサービスを提供しています。

以前弊社では、Evernoteさんの物販サービスであるEvernote Marketの運営をしており、それをきっかけに欧米企業に特化した代行サービスを展開することになりました。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:ECホットトピックス

もっと読む

2015年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5