SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

金子洋平のおしゃれEC通信

テレビ、カタログ、実店舗を持つ企業のEC戦略とは ディノス・セシール、神戸レタスに聞く

 今回のおしゃれEC通信は、4月21日(金)に東京・紀尾井町で行われたイベント「Mobile Marketing UPDATE(モバイルマーケティングアップデート)」の後半をお伝えしたいと思います。 前半に続き、後半では「モバイルECの戦い方」と題してディノス・セシールの菊池さん、神戸レタスの林さんをゲストスピーカーに、モデレーターは筆者・金子が担当しました。

前編はこちら
お客様に共感していただく、オムニなアプリ活用とは ゴールドウイン、ニューバランスに聞く

ECだけじゃない企業のECとは
ディノス・セシール、神戸レタス登壇のイベントレポ

 まずは、登壇者の自己紹介とそれぞれの企業紹介からセッションがスタートしました。

株式会社ディノス・セシール マーケティング部 エキスパート 菊池寛之さん
1975年神奈川県生まれ。2004年から株式会社ディノスセシールに入社。ディノスECサイトの企画・運営からアプリ・接客ツールの導入などEC関連の様々な業務を経験した後、デジタル広告を活用した投資戦略・運用業務に従事。 現在は、テレビ・新聞・チラシ・ネットを活用したマルチチャネルでの新規顧客獲得を担当。

 ディノス・セシールは、1971年創業、翌1972年から日本で初めてテレビショッピングをスタートした企業です。その同じ年に、カタログ通販の事業もスタートしています。まさに日本の通販企業の歴史そのものといえるかと思います。私自身も、実家にはいつもディノスの通販カタログがありました。

 ECの歴史も古く1995年のパソコン通信時代からインターネット通販事業にも参入しており、ECとしても先進的な企業です。老舗企業でありながら、新しいチャネルにチャレンジする企業姿勢はいまだに健在で、流れの早いEC業界でもディノス・セシールがトップ企業であり続ける理由だと感じました。

 ちなみにECzineでは、CECOの石川さんの記事も人気です。

株式会社マキシム 取締役 林純司さん
1982年生まれ。大学卒業後、建築会社を経て2008年株式会社マキシム入社。 楽天市場、Yahoo!ショッピング、Wowma(旧DeNAショッピング)モール系EC 独自ドメインサイト、越境ECとEC事業全般を統括。 デジタルマーケティング、システム、販売戦略、物流、EC業務全般に幅広く携わる。

 続いて、神戸レタスを運営するマキシムの林さんから同社の紹介をしていただきました。マキシムは、2004年に大阪で創業、2005年から現在の神戸レタスの前身である美容健康食品EC「レタス」を開始しました。なぜ「レタス」なのか?とお聞きすると、「フレッシュな感じ」を表現されているそうです。その後、本社を神戸に移転し、ファッションECの「神戸レタス」をスタートしました。

 神戸レタスといえば、楽天市場やYahoo!ショッピングなどのモールを活用し、売上を堅調に成長させているイメージがあります。2016年の実績としても、DeNAベストショップ大賞総合グランプリ、Yahoo!年間ベストストア レディースファッション2位、楽天ショップ・オブ・ザイヤー レディースファッション賞受賞と各モールになくてはならないショップへ成長しています。

 ちょうどこのイベントの後、5月には女性向け動画サイト「C Channel」と資本提携を行いました。今後来るであろう動画コマースにも注目したいところです。

 ディノス・セシールは、テレビショッピング、カタログという販売チャネルをもっていて、プラスECがあります。この場合の、売上成績についてはテレビやカタログに売上が付くようになっていて、それぞれの担当者の成績になるようになっているようです。これは特に実店舗を持っている企業では、どこでも問題になるところ。ディノス・セシールでは、各販売チャネルの割合としては、EC(ウェブ/アプリ含む)で50%、テレビ45%、ハガキとFAXで5%となっています。

 神戸レタスは、ECが中心でありながら実店舗を4店舗運営しています。その理由を林さんにうかがうと、低単価な商品を販売しているので顧客への安心感と実際に試着したいというニーズへの対応、顧客との直接的な接点として活用しているようです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
「さらば楽天」をどう見る

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
金子洋平のおしゃれEC通信連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社ヤプリ 執行役員CCO 兼 エバンジェリスト 金子洋平(カネコ ヨウヘイ)

大学卒業後、GMOインターネットでマーケティング、営業、新規事業立ち上げを経験。24歳で「ファッション×インターネット」をテーマに起業、ファッションメディア、ファッションECを11年運営した。2016年よりアプリプラットフォーム「Yappli」の株式会社ヤプリに参画。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/4739 2017/06/29 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング