SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

無名の企業が日本3位!伊藤久右衛門のSNS活用術

Facebookエンゲージメント率日本3位の秘密を公開!伊藤久右衛門の「いいね!される投稿術」

 Facebookページの2014年年間エンゲージメント率日本で3位。LINE@経由で年間売上1,980万円。京都・宇治のお茶屋さん「伊藤久右衛門」のSNS活用術についてお届けします。第2回は、2014年にエンゲージメント率企業ランキング日本3位を獲得した、Facebookについて。

なぜ、名もなき中小企業が日本3位になれたのか?

 伊藤久右衛門のSNS活用。今回は、Facebookに焦点を当て、エンゲージメント率企業ランキング日本3位を獲得するに至った過程、なぜ、この結果が生まれたのかを見ていこう。

Facebookページ別 2014年 年間エンゲージメント率平均 TOP5

順位 ENG ページ名 ファン数
1位 13.8% Amino-Value アミノバリュー (大塚製薬) 12,872
2位 10.2% JaguarJapan(ジャガー・ランドローバー・ジャパン) 43,888
3位 9.0% 京都・宇治 伊藤久右衛門 38,430
4位 8.9% シングルモルトウイスキー 白州(サントリーホールディングス) 11,272
5位 8.8% シングルモルトウイスキー山崎(サントリーホールディングス) 30,890
「2014年の企業Facebookページ、年間エンゲージメント率ランキング1位は?」(AdverTimes)に転載された
「広報会議」2015年2月号「Facebookコンテンツ入門」の
「Facebookページ別 2014年 年間エンゲージメント率平均 TOP10」をもとに作成
https://www.advertimes.com/20150129/article181013/

 前回、SNSをはじめる際に大切なことは、SNSを通じて何をしたいか、つまり、「何を目的とするか」を決めた上で、1~3年後の目標を設定すること。当社では、「伊藤久右衛門の社名をひとりでも多くの人に知ってもらう」ことを目的とし、Facebookにおける1年目の目標を「ページへのいいね!数10,000かつエンゲージメント率10%以上」にした、と述べた。

 だが、はじめからこの設定ができていたわけではない。当初の目標は、「ページへのいいね数10,000」のみであり、「エンゲージメント率10%以上」が固まったのは、本格的な運用開始から約1ヶ月後のことである。それまでは、当社もしっかりばっちり迷走していた。

 最初は、「伊藤久右衛門の社名をひとりでも多くの人に知ってもらう」ため、伊藤久右衛門を前面に押し出す投稿を行っていた。当社は、大企業のように社名が通っているわけでもなく、知名度も低い。まずは、社名を知られなければ、と言う思いがあった。そのため当時は、実店舗の紹介やスタッフの様子をメインに投稿していたが、これらに多くのいいね!がつくことはなかった。

運用当初の投稿画像

 ところで、2012年当時の大企業におけるFacebookトレンドを覚えているだろうか? お金をかけ、広告やキャンペーンでFacebookページへのいいね!を集めていた時期である。この時期、懸賞やプレゼントのアプリ投稿を多く見かけたと思う。

 こうした手法でいいね!を集めた企業の多くに、当てはまる特徴があった。それは、Facebookページ自体ヘのいいね!は多いものの、投稿へのいいね!やシェアがまったくないと言うものだ。つまり、エンゲージメント率が極端に低かったのだ。

 膨大ないいね!数を誇る大企業でさえ、投稿が読まれていない状況なのに、中小企業である我々が同じようにページへのいいね!を獲得することを目標にするのは正しいのか。そもそも、SNSとは、多くの人に共感してもらうこと。つまり、いいね!やシェアをされ続けて、はじめて企業が運用する意味の生まれてくるのものでないのか。そう考えるようになった。

 そして、投稿の方針を大きく変更した。一旦、「伊藤久右衛門」の社名を押し出すことを止めたのだ。企業のカラーを前面に出すのではなく、シンプルに、抹茶スイーツが好きな人達にとびきりの抹茶スイーツの写真で楽しんでもらおう、と。そうすることで、徐々に投稿にいいね!が付くようになった。

 さらに、瞬間的に良いと思われるだけでは意味がない。多くの人に共感し続けてもらわなければ。そうして設定し直した目標が、「ページへのいいね!数10,000かつエンゲージメント率10%以上」となった。魅力的な投稿を続けることで、ファンを増やしていくスタンスだ。

 投稿の「エンゲージメント率10%以上」を意識し続けた結果が、日本3位のエンゲージメント率につながったわけだが、投稿を重ねる中で、反応の良い投稿もあれば芳しくない投稿もあった。検証を積み重ね培った「反応の良い投稿」には、共通項がある。次は、そちらを紹介しよう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Facebookは画像が9割

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
無名の企業が日本3位!伊藤久右衛門のSNS活用術連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤久右衛門の中の人(イトウキュウエモン)

天保三年創業。京都に実店舗を持ち、宇治茶・抹茶スイーツを商う。楽天市場「ショップ・オブ・ザ・イヤー」、Yahoo!ショッピング「ベストストアアワード」等、多数の受賞歴を持つ。ECサイトを運営するWEB営業部に所属し、2012年6月よりSNSを担当。●コーポレートサイト:http://www.itohkyuemon.co.jp/ ●Facebookページ:https://business.facebook.com/itohkyuemon/ ●Twitter:https://twitter.com/itohkyuemon ●Instagram:https://www.instagram.com/itohkyuemon/ ●オンラインショップLINE@:https://page.line.me/kyuemon

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/4059 2017/01/19 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング