記事種別

「つぶやきひとつで500万円の広告価値」も夢じゃない 中小EC必見!伊藤久右衛門のSNS活用術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/12/15 08:00

 Facebookページの2014年年間エンゲージメント率日本で3位。LINE@経由で年間売上1,980万円。京都・宇治のお茶屋さん「伊藤久右衛門」のSNS活用術についてお届けします。第1回は、SNS運用全般についてです。

大手のSNS成功事例を中小企業がマネしても、失敗します!

 SNSという単語は、私が始めた2012年には「それって何?」と首をかしげる人が多いものだったが、今ではすっかり、市民権を得ている。しかし、SNSという単語が浸透した現在でも「SNSを活用できている」と答えられる企業は、少ない

 SNSを開始した当時、特にFacebookにおいては、活用事例として取り上げられるのは大企業がほとんどだった。中小企業の活用事例などほぼない中で、名もなき京都のお茶屋が、突如、エンゲージメント率で日本3位になった。

Facebookページ別 2014年 年間エンゲージメント率平均 TOP5

順位 ENG ページ名 ファン数
1位 13.8% Amino-Value アミノバリュー (大塚製薬) 12,872
2位 10.2% JaguarJapan(ジャガー・ランドローバー・ジャパン) 43,888
3位 9.0% 京都・宇治 伊藤久右衛門 38,430
4位 8.9% シングルモルトウイスキー 白州(サントリーホールディングス) 11,272
5位 8.8% シングルモルトウイスキー山崎(サントリーホールディングス) 30,890
「2014年の企業Facebookページ、年間エンゲージメント率ランキング1位は?」(AdverTimes)に転載された
「広報会議」2015年2月号「Facebookコンテンツ入門」の
「Facebookページ別 2014年 年間エンゲージメント率平均 TOP10」をもとに作成
https://www.advertimes.com/20150129/article181013/

 以前、筆者がサイバーエージェントや宣伝会議のイベントで講演を行った際、誰もが名を知る大企業でさえ、「SNSがうまく活用できない」「FacebookとTwitter、どちらかはうまくやれているが、もう片方がうまくいかない」と漏らしていた。中小企業においては「どちらもうまくいっていない」との声ばかりが聞こえた。大企業でさえつまずくSNSの活用。中小企業なら、なおさらだ。

 Facebook、Twitter、Instagram、そしてLINE@。「SNSやLINE@の活用事例」には、大企業の事例がずらりと並ぶ。財源豊かなキャンペーンを紹介されても参考にならない。むしろできない。中小企業の皆様におかれましては、心の中心で「参考にならない……助けてください!」と叫びたいばかりではないだろうか。私なら叫んだ上で壁を殴ります。

 ただ、考えてもみてほしい。大企業の事例を中小企業が真似したところでどうなるのか。例えば、同じキャンペーンを打てるだけの人員や費用が存在したところで、そのキャンペーンは失敗に終わるのではないかと思う。理由は、後に話そう。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:無名の企業が日本3位!伊藤久右衛門のSNS活用術

2017年02月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5