記事種別

主要3モールに出店したら知っておきたい DeNA、Qoo10、YAMADA、ポンパレモールはここが違う!

第5回 その他のモール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

数あるモールの中から自分に最適なものを選ぶ方法を伝授します。今回は主要モール以外についてです。

主要3モールに出店したら、次はこのモール!?

 このコラムで「楽天市場」「Amazon.co.jp」「Yahoo!ショッピング」という主要モールを紹介していきましたが、モールに出店すると、その情報を元に他のモールからも出店のお誘いがあると思います。

 「DeNAショッピング」や「YAMADAモール」、「ポンパレモール」、「Qoo10」などが次に検討するモールではないでしょうか。

 筆者のクライアントの9割は、主要3モールに出店していますが、それ以外のモールへの出店は、まだまだ少ない状況です。その理由はなぜか? 各モールの特徴とあわせて、説明していきます。

DeNAショッピング:スマホ、キャリア決済が強み

 1999年から「ビッダーズ」としてサービスを開始している「DeNAショッピング」。昔は、オークションといえば、「ヤフオク!」か「ビッダーズ」という時代があったので、古くからネットショップを運営しているなら、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」とあわせて出店している人が多いです。

DeNAショッピングトップ画像

 株式会社DeNAの決算発表によると、2013年第3四半期の「DeNAショッピング取扱高」が128億円、店舗数が4,623店舗とあります。1ヶ月あたりの平均売上は92万円程度、「楽天市場」の3分の1以下の規模と計算できます。

 また、2006年2月からはKDDIと提携、「au Shopping Mall」としてもサービスを提供しているため、注文のスマートフォン比率が74%と高いのが特徴です。また、携帯電話料金と一緒に支払う「auかんたん決済」での注文比率も高く、ショップによっては9割近くになる場合もあるようです。

 そうなると「DeNAショッピング」を利用する顧客層は、携帯電話での注文に抵抗がない若年層であり、客単価が低い傾向があると言えます。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:失敗しないモールの選びかた

2016年02月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5