記事種別

商品数と画像容量がポイント!「楽天市場」出店プランの選びかた

第2回 楽天市場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

数あるモールの中から自分に最適なものを選ぶ方法を伝授します。今回は「楽天市場」を掘り下げます。

やっぱり最初は「楽天市場」!? 

 これからネットショップを始める人や、すでに本店サイトはあるものの、さらなる売上を求めてモールを検討する人にとって、一番の候補となるのが「楽天市場」だと思います。

 今年は、プロ野球チームの「楽天ゴールデンイーグルス」も日本一になり、誰もが知るところとなった「楽天市場」。第1回目のコラムでも記載した通り、オンラインショッピングモールの売上も日本一ですから、最初の出店先として検討するのは自然といえるでしょう。

 筆者はモール出店者をメインにサポートしているため、すべてのクライアントが「楽天市場」に出店しています。そのうち95%は、本店より楽天店が売れているというのが現状です。「楽天市場」というマーケットが、ネットショップとして売上を作る上でいかに重要か、おわかりいただけると思います。

 では、誰でも「楽天市場」に出店すれば、売れるようになるのでしょうか。

 「楽天市場」は仮想ショッピングモールですから、物理的な敷地面積などの制約がないため、毎年出店数は伸びています。しかし、思ったように売上を伸ばせず、数年以内に退店しているお店も多いのが現状です。

 今回のコラムでは、これから「楽天市場」へ出店する人が、最初に決めなければならない出店プランについて、失敗しない選び方をお伝えしたいと思います。

「楽天市場」の現状

 まず、「楽天市場」について調べてみましょう。「楽天市場契約企業数」によると、2013年11月5日現在、40,789ショップが契約、商品数が150,988,587点と記載されています。平均すると1ショップあたり、約3,700商品を登録していることになります。

 楽天株式会社の2013年度第3四半期の決算説明会資料には、「楽天市場」以外のサービスを含む国内EC流通総額が4,224億円と発表されており、仮に9割の3,800億円が第3四半期の「楽天市場」全体の流通額と考えた場合、単純に3ヶ月で割ると月1,267億円、40,789ショップ数で割ると、1ショップ数あたりの月商が310万円程度と考えることができます。

 本店サイトを立ち上げても300万円を売るのは非常に大変ですから、プロ野球やクレジットカード、銀行など楽天ブランドによる「楽天市場」の集客力は日本一だといえるでしょう。

 1997年のサービス開始当初は、月額5万円の出店料のみでネットショップが始められ、まさに「ネット上の商店街」というイメージでした。2002年になると、売上に応じた従量課金を導入した新料金体系が始まり、今は次の4つのプランが存在します。

プラン名 月額(税別) 契約期間 システム利用料 商品数 画像容量
がんばれプラン 19,500円 1年 6.5~3.5% 5,000 500MB
ライトプラン 39,800円 3ヶ月 5~3.5% 5,000 500MB
スタンダードプラン 50,000円 1年 4~2% 20,000 2GB
メガショッププラン 100,000円 1年 4~2% 無制限 無制限

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:失敗しないモールの選びかた

2016年04月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5