SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Microsoft Azureはビジネスをどう変えるのか(PR)

データ解析のプロがIoTに本腰! 機械学習がビジネスに貢献することとは

高い技術力でさまざまなデータを解析し、顧客の課題を解決してきたテクノスデータサイエンス・エンジニアリング。先日、IoTの力でビジネスを加速させる「IoT Data Analytics」を発表し、本格的に同業界へ参入した。今回は、データサイエンティストでもある、同社の庄司幸平さん、山崎宗隆さんの両執行役員に、その狙いとIoTの展望についてうかがった。

IoTでデータの送信、蓄積、可視化、分析。
まずは製造業から導入が進む

――「IoT Data Analytics」とは、どのような製品なのでしょうか。

山崎 ひとことで言うなら、IoTで得たデータを、業務を効率化させる情報に変換するエンジンです。データの送信、蓄積、可視化、分析の4つからなり、個々のサービスは従来当社で提供していた内容になりますが、Azureを利用してこれらをクラウドに統合したのが最大の特徴です。

――「IoT」という言葉をどう定義していますか?

山崎 これまでのデータは、すべて人の手で計測や蓄積されたものでした。IoTは、人以外がデータの発生元になるというイメージです。我々も、従来はお客様からいただいたデータのみを分析してきましたが、それ以外に、自動で集まってくるさまざまなデータが分析可能になれば、今まで見えなかった事実がわかるようになると期待しています。

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社
執行役員 ビジネスエンジニアリングディヴィジョン エンジニアリンググループ グループ長
山崎宗隆さん

――具体的に、どんなことが可能になるのですか?

庄司 製造業のお客様であれば、予兆保全、品質改善、歩留まり向上(=不良品発生率の低下)、異常検知などに効果を発揮します。たとえば、工場の製造工程は非常に複雑なため、不良品の発生原因が掴みきれません。そのため、膨大なデータを機械学習によって分析し、その原因を突き止めます。早い段階で異常に気がつくと、それだけ生産ラインが効率化し、稼働率が高まるようになるのです。

――そういったニーズは以前からあったのでしょうか。

庄司 センサーひとつひとつがネットワークに接続されるようになったのは最近のことなので、ニーズは徐々に高まってきたように思います。こんなことができるようになったのか、といったように。

山崎 大手だと予兆保全、中小だと生産工程の改善を求めるお客様が多いですね。あとは、データを紙で記録している工場はいまだに多く、それをリアルタイムに収集する仕組みを作って可視化したい、という要望もよく聞きます。もちろん、エクセルに落として分析するのも可能ですが、その手間を省き、より効率的にできるようになったのがIoT Data Analyticsです。

次のページ
膨大なデータが必要な機械学習には 手軽に開始できるMicrosoft Azureが最適

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Microsoft Azureはビジネスをどう変えるのか連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡邊 徹則(ワタナベ テツノリ)

株式会社Version7代表取締役。Web・コンテンツ制作、分析、マーケティングなどを手掛ける。 執筆業では、主にソーシャル、EC、海外サービス、メディアなどが専門。 会社概要 - seven@ver7.jp - Twitter/Facebook @brigate7

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/3515 2021/09/13 13:33

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング