記事種別

「TOPLOG」は高品質なコンテンツを配信し、アパレル企業が長期的に付き合えるファッションメディアへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/06/06 08:00

今回のおしゃれEC通信は、スマートフォンアプリを使ったファッション誌「TOPLOG(トップログ)」を紹介します。 ECとは直接関係ありませんが、ECサイトでもコンテンツは非常に重要です。自社ECのコンテンツ・マーケティング強化を考える人にとって、少しでも参考になればと思います。 今回は、TOPLOGのマーケティング担当・永田佑子さんにお話を聞いてきました。

ファッションメディアアプリ「TOPLOG」が目指すもの

https://toplog.co.jp/

 サイトを見ればわかるとおり、TOPLOGは現在、ウェブでのコンテンツ配信はせず、すべてiOSかAndroidのスマートフォンアプリで行っています。なぜ、アプリだけの提供なのでしょうか。

 「当社のコンテンツでは、雑誌などで活躍する有名モデルを多数起用しています。肖像権の問題などもあり、現在はスマートフォンアプリのみでの展開をしています。ただし、ウェブサイトでの展開も準備中で、年内にはサイトでの公開を予定しています」(TOPLOGのマーケティング担当・永田佑子さん)

 コンテンツのコピー防止的な意味合いで、まずはアプリから始めたとのことでした。スマートフォンの所有率は年々上がっているため、アプリの利用に慣れたユーザーからすると、ウェブサイトがないことは、それほど大きな意味を持たないのかもしれません。

 そういえばフリマアプリ「メルカリ」も、当初はアプリのみで提供、2016年3月にサービスが定着したと見てか、ウェブサイトも公開する流れでした。

 5月9日からは、モデルの梨花さんを起用したテレビCMを放映しています。スマートフォンアプリをテレビCMで告知し、ダウンロードしてもらう流れも、もはや定番ですね。

高品質なデジタルコンテンツを提供し、広告収入を得る

 TOPLOGのビジネスモデルはどのようなものなのでしょうか。

 「広告収入です。ファッション誌同様、広告主にメリットのあるブランディングができますし、デジタル媒体ならではの効果測定も可能です。他企業には真似のできない高品質なコンテンツ、有名モデル、スタイリスト、カメラマンを起用したデジタルコンテンツを配信が可能となっています」(永田さん)

 実際にアプリを使ってみると、本当に雑誌を見るような感覚でコンテンツを読むことができます。しかも、クオリティが高く、有名モデルが並んでいることに驚きます。

 今までの「ファッション×インターネット」のビジネスとしては、メディアであればファッションニュースサイト(Fashionsnap.comやFASHION HEADLINEなど)が成功例として挙げられます。または、ユーザーも参加できるキュレーションサイト「MERY(メリー)」などが有名です。

 スマートフォンアプリで言えば、ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイが提供するファッションコーディネート「WEAR(ウェア)」や、「iQON(アイコン)」、「コーデスナップ」などがユーザーを集めています。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:金子洋平のおしゃれEC通信

もっと読む

2015年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5