SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzine Day 2022 August レポート(AD)

フリクションレスな接客でECの体験向上へ 5万回のA/Bテストから得たCVR改善の思考法と成功例とは

5万回の試行錯誤から見えた4つのフリクション 顧客目線で設計を見直そう

 深田氏は、SprocketがA/Bテストから得た学びを踏まえながら、具体的なコンバージョン改善策を紹介。ひとつめは、「顧客は思いがけないところで離脱している」という発見だ。さまざまな場面で起きるつまずき(フリクション)を、深田氏は大きく3つに分けた。

1. メニューアイコンでの離脱

 ある食品系ECサイトでは、「ハンバーガーメニュー」と呼ばれるメニューアイコンをクリックしたことがない顧客が多かった。そこで「アイコンの意味がわからないのではないか」と仮説を立て、クリックすると商品一覧が現れる旨を吹き出しで表示したところ、購入完了改善率125%を実現。同事例は、「顧客がごく基本的なところでつまずいているという理解にもつながった」と深田氏は語った。

2. カゴ落ち(カートページ・フォームページでの離脱)

 ECサイトを運営する多くの企業が持つ課題のひとつに、カートページや申し込みフォームページでの離脱がある。いわゆる「カゴ落ち」と呼ばれる現象だ。とくに初めて購入・申し込みをする顧客は、コンバージョンにつながる最後のアクションへ行くまでの過程で不安を感じ、離脱しやすくなる。

 そこでSprocketでは不安を払拭するために、カートやフォームページで「ご不明な点はございますか」と代表的なFAQの項目を表示。不明点の解消を容易にすることで、購入完了改善率109%を記録した。

「FAQページを別途設けていたとしても、カートページから遷移して該当する項目を探すことは顧客にとって手間であり、離脱の要因になり得ます。そもそもFAQの存在を知らない可能性もあるため、こうした施策は有効です」(深田氏)

3. ログインエラーによる離脱

 リピーターや会員の場合は、ログインエラー時に離脱する傾向が見られたため、SprocketではID(登録メールアドレス)やパスワードを失念した顧客向けに、リマインドページへ遷移できるポップアップ表示のテストを実施。エラーによりストレスを感じているユーザーは、IDの確認やパスワード再発行ページへのリンクを探すことすら手間と感じる可能性が高いと予測し、すぐに該当ページへたどり着ける工夫を施した。こうして離脱を防ぐことで、購入完了改善率は120%となっている。

 さらに深田氏は、「こうしたフリクションは、主に4つに区分することができる」と続ける。

クリックすると拡大します

「ひとつめは、コンテンツの存在に気づかないことによるものです。顧客がWebサイトをくまなく見てくれることは稀であり、FAQのような基本的なコンテンツであっても、在に気づかず離脱されてしまうケースは非常に多くなっています。

 ふたつめは、コンテンツを見ようと思わないことによるフリクションです。『自分には関係がない』『興味がない』と思われてしまうと、重要な情報でも見落としや見過ごしが発生します。3つめは、コンテンツに到達できないという問題です。先ほどのハンバーガーメニューの意味がわからないケースも、このパターンに入ります。

 そして4つめは、コンテンツの内容が理解できないというものです。とくに初めて手に取る商材やこれまで経験したことがないサービスにおいては、こうしたフリクションが発生しやすくなります。Webサイトの離脱を改善するには、フリクションが起きている原因のパターンを理解し、顧客視点で丁寧に体験を設計し直すことが重要です」(深田氏)

次のページ
顧客に自己解決を求めるのはNG 提案型の発想へ切り替えを

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECzine Day 2022 August レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

松岡 亜希(マツオカ アキ)

フリーランスのライター&エディター。出版社勤務を経て独立。雑誌、書籍、Webサイト、企業広報などさまざまな分野で活動中。● http://pubapart.com/

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11750 2022/10/11 11:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング