SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

BtoB-ECサイト構築に必要な「コンポーザブル」という考え方

いろんな会社に消耗品を販売している会社向け 得意先ごとにECサイトを作るって大変ですよね

 ECサイトで買い物をすることが当たり前になっていますが、BtoC向けだけでなく、企業間の取引でもECサイトを利用するケースが増えています。ただし、BtoBのECサイトでは、BtoCとは異なる要件が必要になる場合があります。例えば、複雑なワークフローの自動化や、購入画面として複数のUI/UXが必要、マーケットプレイスの機能が必要などです。第3回では、販売側が複数存在するケースを紹介しましたが、今回は購入側の体験が複数必要な場合について、コマースソリューションを提供するSitecoreが解説します。

取引先ごとの対応が必要なBtoBのEコマース

 BtoCのサイトではあまりないことでしょうが、企業間の取引では、同じ商品でも異なる価格で販売することがあります。これは、その取引先との関係性や、購入する数量によって単価が変わるためです。取引先ごとに、支払い方法が異なるという場合もあります。

  また、取引先によっては、自社で使い慣れている仕組みでECサイトを構築してほしいと要望されるかもしれません。その場合は、取引先ごとに異なるECサイトを構築して運用しなければならず、それぞれ別の管理画面から商品登録や在庫管理が必要です。数が少ないうちはいいですが、増えてくるとその管理が大変になります。

マルチテナント、マルチプライシング

 一般的なECサイトでは、販売者が単一、購入者が複数という関係です。しかし、BtoBの場合は、その機能だけでは十分ではありません。第3回では、ひとつのECサイト上で複数の会社が販売する、マーケットプレイスについて紹介しました。今回は、購入側の立場が複数あり、それぞれ異なるUI/UXが必要というケースを紹介します。

 一般的なECサイト構築ツールでは、クーポンコードを持っている人は割り引きするなどプロモーションの機能を持つ物もありますが、基本的には、商品の価格はどのお客さんに対しても同一になっています。これを、顧客ごとに異なる価格で販売する場合、必要な機能は2つです。

①マルチテナント

 マルチテナントは、ひとつのシステムやサービスを、複数のユーザーで共有するモデルのことです。本来は、オンラインサービスなどのバックエンドの仕組みのことを指していますが、Sitecoreでは、ECサイトのバックエンドがひとつで、ユーザーごとに異なる購入ページがある状態をマルチテナントと呼んでいます。街のショッピングモールで複数のテナント(お店)が入っている状態と似ているので、むしろ分かりやすいかもしれません。購入者が自社のIDとパスワードでログインすると、自社専用のECサイトの画面に入れるような状態のことです。

②マルチプライシング

 単純なECサイト構築ツールでは、商品を登録する時に設定した価格が、全体で共通した価格になります。しかし、マルチテナントで顧客ごとに作成した購入ページで、それぞれ異なる価格を設定できる状態を、Sitecoreではマルチプライシングと呼んでいます。

得意先ごとのECサイトを管理するのは大変

 Diversified Foodservice Supply(略称、DFS)という企業の事例を紹介します。DFSは、業務用厨房機器のメンテナンス用品や飲食店運営に必要な消耗品、電化製品、小物、アクセサリを、外食産業向けに提供している米国の会社で、スターバックスも取引先に名を連ねています。

 DFSでは、取り扱い商品が10万点以上あります。個人レストランや、地域に数店舗のような小規模チェーンなどは同じ価格で販売しますが、スターバックスのような大規模チェーン店の場合は大量に購入してもらえるので、いわゆるお得意様価格を設定します。このため、大規模な取引先に対しては、個別のECサイトを立ち上げるという対応をとっていました。ビジネスを拡大するうち、その個別サイトは10ブランドになってしまっていたといいます。

 商品の種類が多いこともあり、それぞれのECサイトの管理画面にログインして商品登録や在庫管理をするのは、管理負荷が大きすぎます。そこでDFSでは、バックエンドは共通で、購入画面を複数作れるようなEコマースのプラットフォームを探していました。そして採用されたのが、Sitecore OrderCloudです。これにより、10個あった個別のサイトのバックエンドを、ひとつにまとめることができました。

アーキテクチャ
アーキテクチャ

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
UI/UXの異なる複数サイトを作成できるヘッドレスな構成

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
BtoB-ECサイト構築に必要な「コンポーザブル」という考え方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

サイトコア株式会社 プリセールスグループ ディレクター 原水真一(ハラミズ シンイチ)

2000年1月にマイクロソフトに入社、Microsoft.Com/Japan の担当を7年、Microsoft MVP Programのプログラムマネージャーなどを担当。2010年7月からデジタルマーケティングプラットフォームのパッケージを提供しているサイトコアに入社、営業、マーケティング支援、プリ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11407 2022/06/20 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング