SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

BtoB-ECサイト構築に必要な「コンポーザブル」という考え方

コロナ禍だからどうしても必要 ネットオーダーからの店舗受け取り

 感染症や自然災害、国際的な紛争など、世の中は予測不能で、ビジネスはそれらに素早く対応しなければならない時代です。リテールビジネスにおけるECサイトも例外ではありません。ビジネス環境の変化による損失を最少に抑えるには、ECサイトでその時求められる機能を、素早く提供できなければなりません。どのような仕組みならそれが可能なのか、コマースソリューションを提供するSitecoreが解説します。

withコロナで人々の消費行動が変化

 近年、Eコマース市場は常に右肩上がりに成長していますが、特にコロナ禍によって、人との接触をできるだけ避けたいという心理が強くなり、さらに加速している状況です。ここで、コロナ禍によって人々の消費行動がどのように変化したかを軽くおさらいしましょう。

フェーズ1:コロナ初期

 緊急事態宣言で、さまざまな店舗が休業を余儀なくされました。このため、消費行動は一旦大きく停滞しましたが、多くの人は一過性の非常時で「いつか元に戻る」と考えていました。企業側では、リベンジ消費があって、事業は速やかに回復するだろうと期待していたことでしょう。

フェーズ2:withコロナ期

 感染者数増加の波が何度も訪れ、不景気が常態化しました。外出の自粛に不満はあるものの、外出を伴わない消費行動によるコロナとの共生が必要だという認識が広まり始めました。このため、デジタルエクスペリエンスの拡充が求められ、それに成功した企業と取り組めていない企業で、業績に大きな差が出始めます。

フェーズ3:ニューノーマル期

 withコロナの経験から新しい生活様式が浸透し、デジタル化したさまざまなサービスがさらに活発になってきました。単にECで購入したものを配送するというサービスだけでなく、店舗で受け取るけれど、あらかじめECサイトで購入をすませてから来店するという使い方も広がっています。

 国内でも、ネットで販売、店舗で受け取りという例はありますが、例えば米国では、「Buy Online, Pick Up In Store(BOPIS)」や「Curbside Pick up」が、日常的な消費行動として普及しています。大手スーパーのECサイトやアプリで事前に商品を購入し、それを店舗や駐車場でピックアップするというものです。米国の場合は大型スーパーの店舗が非常に広大なので、店内を買い回る手間を省けるというメリットを打ち出して生まれたサービスでしたが、コロナ禍においては店内の混雑や、店員との接触を避けられるというメリットもあり、かなり広がっているようです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ネット注文、店舗受け取りがwithコロナにも効果あり

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
BtoB-ECサイト構築に必要な「コンポーザブル」という考え方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

サイトコア株式会社 プリセールスグループ ディレクター 原水真一(ハラミズ シンイチ)

2000年1月にマイクロソフトに入社、Microsoft.Com/Japan の担当を7年、Microsoft MVP Programのプログラムマネージャーなどを担当。2010年7月からデジタルマーケティングプラットフォームのパッケージを提供しているサイトコアに入社、営業、マーケティング支援、プリ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11288 2022/05/23 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング