SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

BtoB-ECサイト構築に必要な「コンポーザブル」という考え方

大手チェーンじゃなきゃ無理、ってことはない サプライヤーを巻き込んだリアル店舗向けのEC

 Eコマースといえば、生活者向けに商品を販売するBtoCビジネスというイメージが先行していますが、物品の購買は企業間でも日常的に行われています。特に、店舗ビジネスをしている企業が原材料を仕入れたり日常的に使う物を購入する場合は、従来の購買プロセスよりもECサイトを使う方が便利という場合も多々あります。そこで、BtoBのECサイトではどのような仕組みが必要となるのか、コマースソリューションを提供するSitecoreが解説します。

Eコマースの利便性はBtoBでも有効

 店舗を運営するには、もちろん商品や、飲食店であれば食材、美容室なら薬剤などを仕入れる必要があります。さらにそれ以外にも、什器、ユニフォーム、ショッパーや包み紙、清掃用の消耗品や手指消毒用のアルコールなど、さまざまな物が必要です。こういった物品は、従来は、それぞれの業者(サプライヤー)に電話やファックス、メールなどで発注して届けてもらうのが一般的でした。

 これは、意外と手間がかかりますし、電話がつながらなかったので後でもう一度かけようと思って忘れてしまったとか、発注内容の聞き間違い、発注メールをサプライヤー側が見落としてしまったなどの手違いも起こります。メールを送った後で、確認のために電話をかけるなど、本末転倒なことが行われることもあるでしょう。

 しかし、物品の手配方法がECサイトになっていれば、24時間いつでも発注できますし、商品と個数を購入者側が入力するので、間違いも起きません。とはいえ、各サプライヤーがそれぞれ個別にECサイトを立ち上げていると、店舗側にとってはそれぞれのIDでログインして、微妙に違うUIのサイトで購入することになり、便利さの面ではもう一歩と言えます。

BtoBのECサイトに必要な仕組みとは

 チェーン展開している店舗ビジネスの場合には、同じサプライヤーから同じようなものを購入する店舗が複数ある状態になります。このため、フランチャイズの加盟店向けにワンストップで必要なものが手配できるECサイトがあると、店舗にとっては非常に便利になります。これは、大手コンビニなどでは既に導入されていて、手元のタブレットでいつでも簡単に発注できるようになっています。

 そのようなECサイトで求められるのは、マーケットプレイスという仕組みです。通常、BtoCのECサイトでは、ひとつの販売者と多数の購入者、つまり「1 対 多」という関係になっています。しかし、店舗で必要な物品は多種多様ですから、店舗向けのECサイトでは売り手と買い手が「多 対 多」の関係になります。ひとつのECサイトに複数の販売者が商品を出している状態がマーケットプレイスで、BtoCでもAmazonや楽天など、大規模ECプラットフォームではこの形態になっています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
複雑なワークフローを自動化したい

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
BtoB-ECサイト構築に必要な「コンポーザブル」という考え方連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

サイトコア株式会社 プリセールスグループ ディレクター 原水真一(ハラミズ シンイチ)

2000年1月にマイクロソフトに入社、Microsoft.Com/Japan の担当を7年、Microsoft MVP Programのプログラムマネージャーなどを担当。2010年7月からデジタルマーケティングプラットフォームのパッケージを提供しているサイトコアに入社、営業、マーケティング支援、プリ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11355 2022/06/06 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング