SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

2022年は日本にBNPL旋風が巻き起こる?「買い物で妥協しない世界」の実現を目指すSmartpay

 EC売上アップを目指す事業者の永遠の課題とも言えるカゴ落ち対策。EC事業者が自ら手を加えることが難しい決済の分野から、新たな選択肢を提供するプレイヤーが2021年に誕生した。今回は、クレジットカードを用いて分割手数料なしのBNPL(Buy Now Pay Later:後払い決済)を提供する株式会社Smartpayのピーテールヤン・バンダーレさん、サミル・アハメドさん、大坪直哉さんに、同社が提供するサービスや海外のBNPL事情、日本市場の今後について話を聞いた。

高いカゴ落ち率を記録する日本 決済体験向上からEC市場を盛り上げる

 Smartpayは、2021年6月にPaidyやStripeのプロダクト開発に携わってきたピーテールヤンさんと、Starbucks、Mastercard、Facebook(現Meta)などでECやフィンテック・イノベーション推進を行ってきたサミルさんの2名によって創業。これまで日本やアジア太平洋地域の決済体験向上に携わってきた両者の経験を活かし、同年11月にオールインワン型の支払体験と利息ゼロの支払いソリューションを組み合わせたクレジットカード後払い決済サービス「Smartpay」をローンチしている。

「ピーテールヤンと意気投合したのは、私がFacebookやInstagram、WhatsAppのECビジネスの構築に携わっていた頃のことです。当時、彼はStripeで働いていました。彼とこの10年から15年ほどの日本の小売やECの変遷について意見交換をするうちに、日本市場、とくにデジタル経済の領域において非常に大きな変化が起きていることに気がついたのです。

 しかし、日本のECはこの変化に対応できておらず、世界の中でも1、2を争うほどの高いカゴ落ち率を記録している状況でした。そこで、顧客に新しいサービスや体験を提供すべきマーチャントに対してのみならず、顧客も含めかかわるすべての人々がWin-Winになる金融ソリューションを作り上げる必要があると考えました」(サミルさん)

株式会社Smartpay COO サミル・アハメドさん

 サミルさんは「日本のマーチャントは質の高い顧客サービスを提供しているが、デジタルや決済領域における体験向上には苦戦している」と続ける。コロナ禍でEC進出するマーチャントやEC利用者が増加しても、彼らが「フリクション(摩擦)」と呼ぶ決済完了までの煩雑な手続きが簡略化できないことには、実店舗に匹敵する「その場ですぐに購入できる」という体験提供は実現できない。

「実店舗中心の小売業から、ECへとビジネスを拡張させ成功したいと考える日本のマーチャントに貢献したい。そう考え、私たちは日本でビジネスを展開することに決めたのです」(サミルさん)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
当月中に売上計上できる仕組みを整備 マーチャント負担軽減へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11137 2022/04/06 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング