SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.17定点観測

D2Cと好相性のECシステム 核を明確にして実際に触れてみよう

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。フラクタの河野さんに、ECシステムについて聞きました。 ※本記事は、2021年6月25日刊行の『季刊ECzine vol.17』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

解釈の幅が広がるD2C 本質は顧客と向き合うこと

 今回の特集テーマ「D2C」を絡め、「まずはD2Cの意味を改めて皆さんに考え直してほしい」と問題提起する河野さん。バズワードのように言葉がひとり歩きする中でさまざまな解釈・議論が繰り広げられ、「新たな意味や文脈が生まれるのは当然のこと」とした上でこのように続けた。

「近年、定期通販や単品通販、メーカー直販をD2Cと示すきらいもありますが、これらを『間違いである』とは考えていません。しかし、解釈の幅が広がっても『顧客と継続的にダイレクトにコミュニケーションする』というD2Cの本質から逸れずにいる企業・ブランドにこそD2Cを名乗ってほしいと思っています」

 河野さんはBonobosなどアメリカ式D2Cの仕組みを汲みながらも、「インターネットがなければ届けることが難しい人・ものの魅力を伝えられるのがD2Cの素晴らしさ」と語る。

「たとえば、東北の鉄器職人が誇りを持って作った商品を自社ECで世界中の人々に届け、ビジネスを成立させることができる。鉄器という商品を軸に1人ひとりの『好き』が集まって大きな幸せになり、ビジネスがスケールしていく。デジタルを使うことで、今までより多くの人に愚直なこだわりを伝えることができる。D2Cの真の魅力はここにあると考えています。どんなチャネルを使い、どんな売りかたをするかよりも、想いやこだわりといった核がきちんとしているかが大切です」

 D2CにおけるECシステム選びは、こうした核となる情報を顧客に向けてどのように伝えるかが最大のポイントとなる。先行してD2Cが浸透するアメリカで成功例が多数存在するため、「D2CをやるならShopify」と考える人もいるかもしれないが、「自社にとってのD2Cが何を示すかによって、適したECシステムも変わってくる」と河野さんは言う。

「ECシステムは、ビジネスの相棒です。しっかりと企業・ブランドに対する理解を深め、表現したい内容を研ぎ澄ませた上でミスのない選択をしなくてはなりません」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
D2Cはバランスが命 高速PDCAで合格点を取り続けよう

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.17定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/9231 2021/08/05 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング