SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.13特集「Think Digital Origin~未来店舗を支えるECの役割とは~」

ECで広がる実店舗の可能性 体験欲求を満たし継続的な関係構築 SHIBUYA109が目指す館の理想図

 デジタルが進化しても「体験」の重要性は衰えない。唯一無二な場をECで拡張し、さらなる進化へ。 ※本記事は、2020年6月25日刊行の『季刊ECzine vol.13』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

 2019年に40周年を迎え、ロゴの変更など抜本的な改革に取り組んでいる「SHIBUYA109」。「SHIBUYA109 LAND」をコンセプトにした旗艦店のリニューアルは、現在進行形で行われており、ファッションのみならず、食やエンタテインメントなど幅広いジャンルで顧客が楽しめる場を提供している。若者の聖地として一世を風靡し、進化を続けるSHIBUYA109は、今後の実店舗のありかたをどう考えているのだろうか。デジタルを起点に、実店舗・組織の進化に取り組む澤邊さんに話を聞いた。

株式会社SHIBUYA109エンタテイメント オムニチャネル事業部MDプランニング部 部長 澤邊亮さん

時間・場所を問わず情報を得られる 今こそ重視されるリアルな場の体験

 ファッションの聖地として若者を中心に親しまれ、文化の最先端を行くSHIBUYA109。トレンドに敏感で、新たなツールもいち早く使いこなす顧客と向き合う中で、実店舗に求められる役割の変容を肌で感じていると澤邊さんは言う。

「当社を含め、これまで実店舗での収益が大きな割合を占めていた企業は、どうしてもリアルの行動を起点に物事を考えてしまいがちです。しかし、今は若者に限らず、SNSを当たり前のように使い、インターネットで検索をし、ECで購買活動をする。実際に蓋を開けてみると、デジタル上での行動に多くの時間を割く人が増えていますよね。お客様が圧倒的に時間をかけているツールを活用しないことには、リアルの強みも活かせない。だからこそ、今後はデジタル起点で物事を考えていく必要があるのではないかと感じています」

 デジタル起点の取り組みを行うからと言って、実店舗の優先度が下がったり、需要が低下したりするわけではない。ECを活用してどこからでもものが買える、インターネットを活用して時間や場所を問わず情報が得られる時代だからこそ、リアルな場特有の体験がより浮き彫りとなるのだ。

「今年はとくに実店舗のありかたが変容していく年になると思います。だからと言って、今後リアルな場がなくなることはなく、むしろ存在意義がより高まっていくのではないでしょうか。そんな中で、僕らが取り組むべきことは、お客様に『ここでしかできない体験』を提供し続けることだと考えています。SHIBUYA109渋谷店でも、2019年の40周年を機に、現在進行形でさまざまなリニューアルを行っているところです。お客様にワクワクドキドキしてもらい、それを誰かにシェアしたくなる場を作ること、これを目指して食のフロアやエンタテインメントに強化したフロアを設けたり、階段スペースを装飾したりしています」

 こうした取り組みは、必ずしも売上に直結するものではない。一見すると「おもてなし」や「サービス精神」の表れととらえる人もいるかもしれないが、澤邊さんはリニューアル前後の手応えをすでに感じているそうだ。

「Instagramで『#SHIBUYA109』とハッシュタグ検索すると、以前はファッション系の投稿がほとんどでした。これが今は、エンタテインメントやアートも含め、多種多様になっています。そのような投稿を見てくれたお客様が、面白そうと感じてSHIBUYA109に訪れ、そこで得た体験を拡散し、新たなお客様を呼んでくださることで、来訪前の行動と来訪後の行動がデジタルでつながっていく。そんな実感があります。オムニチャネルは利便性提供を軸とし、買うための行動をシームレスにすることが主ですが、僕らはSNSやデジタルを活用して体験をシームレスにしていきたいと考えています。そのためには、リアルな場に圧倒的な独自性がなくてはなりません。どこでもできる体験ではなく、SHIBUYA109でしかできない体験をどう生み出すか。そこに今は力を入れています」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
実態調査で得た声を実店舗に反映 体験の前後はECで接続

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.13特集「Think Digital Origin~未来店舗を支えるECの役割とは~」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/7962 2020/07/28 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング