SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.10 定点観測

置き配元年の2019年 楽天、Amazonの本格参入で変わるか

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。オープンロジの伊藤さんに、物流について聞きました。※本記事は、2019年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.10』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

2019年は置き配元年 カートの整備で備えるべし

 大手ECプラットフォーマーが続々と「置き配」に本腰を入れて取り組み始めている。置き配とは、受取人が注文時に荷物の置き場所を指定することで受取人の在不在を問わず配達が行われる仕組みだ。Amazonは7月に置き配サービス対応エリアの拡大を発表し、楽天も自社の配送サービス「Rakuten EXPRESS」を通じて置き配サービスを試験的に実施している。配達員不足が深刻化する中、再配達コスト削減の救世主とも言える画期的な仕組みだが、EC事業者はどう備えれば良いのだろうか。

「カート内に置き配の受け皿をきちんと設けることが必要となってくるでしょう。置き場所の指示フォーマットが統一されていなければ配達ミスにもつながりかねないので、備考欄等ではなく、配達方法の選択肢に置き配を追加し、指示内容が配達伝票に印字されるようにするなどシステムの改変と整備がEC事業者側には求められます」

 置き配バッグ(簡易宅配ボックス)とスマホアプリを連動させ、配送業者の置き配をサポートするサービス「OKIPPA」に伊藤さんは注目。Yper株式会社が提供するこのサービスは、アプリと連動した置き配バッグOKIPPAを玄関先に取り付けるだけで、受取人の代わりにOKIPPAが荷物を受け取ってくれるというもの。配送状況や配達完了の連絡をアプリで確認することができ、任意で盗難補償プランに加入することも可能だ。

「OKIPPAのようなサービスは他にもいくつかあります。このようなサービスに助成金が出て、受取人が安く利用できるようなスキームがあればより広がるのではないでしょうか。もちろん置き配だけですべての物流問題が根本解決するわけではありませんが、物流の効率化に向けて必要な取り組みであることは間違いありません」

 今年3月に国土交通省と経済産業省が「置き配検討会」を立ち上げるなど、置き配は配達業者の枠を超えて推進されている。「2019年は置き配元年」と話す伊藤さん。ルールの整備や盗難、紛失などのリスク管理、対応するEC事業者への還元など議論されるべき点はあるが、置き配が配送形態のデフォルトとなる日はそう遠くないのかもしれない。

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
プラットフォーマーが物流に本格着手 配送の契約形態が複雑化か

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.10 定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/7036 2019/11/28 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング